わが家の庭から(15)ルピナスとジギタリス

 ゴールデンウィークの後半あたりに、秋に苗を植えておいたルピナスがようやく咲き始めました。苗は、園芸ネットさんで「3色お試しセット」というのを購入しましたよ^^
 
 最初に咲いたのはガバナーという青いルピナス(Lupinus 'The Governor' )。ルピナスのこの色と形から、別名「のぼり藤」と呼ばれているのも納得ですね~。ルピナスは葉の形も特徴があるので覚えやすい植物ですね。細い葉がたくさん円形に集まっているのがルピナスの葉です。となりに見える大きくて柔らかそうな葉っぱは、これからもう少ししたら花が咲くデルフィニウムのもの。デルフィニウムも同じ時期に植えました。
 
 まだまだ植栽が足りずにスカスカの花壇ですが、ルピナスとアリウムをレイヤーにして植えてあります。アリウムの隣にはもうすぐバラやクレマチスも咲く予定。(→ バラは5月12日ごろ、クレマチスは5月15日に咲きました!後日ご紹介します。)
 
 こちらは二番目に咲いたピンク色のルピナスのチャタレイン(Lupinus 'The Chatelaine' )。ガバナーに比べると小ぶりの花ですかね?茎が長く花穂が短めで、花穂が長くて地際から出ているように見えるガバナーとはちょっと違っていますよね。ほとんど同じ環境で育っているはずなのですが、品種による違いなのか、それとも生育状況による違いなのか…?
 
 3種類を横に並べて植えたのですが、チャタレインはお日様を求めてググッとノースポールの上に出てきちゃいました(笑)。あともう1色ノーブルメイデン(Lupinus 'Noble Maiden' )という白いルピナスも真ん中に植えたのですが、そちらはまだ咲く気配がありません。いつ頃かな~?
 
 さっきも書きましたが、日当たりは同じはずなのに、色や種類によって咲く時期がずれるのも面白いものですね~。ガバナーの濃い青紫は自分からはなかなか選ばない色だったけれど、チャタレインのピンク色はかなり好みの色です。こういうアソートのお試し苗セットも、意外な色を体験できてよいものですね^^
 
 こちらはシェードガーデン側に植えたジギタリス。そろそろつぼみが膨らんできました。これもルピナス同様に、昨年の秋に苗を買って植えたもの。2つ並べて植えましたが、片方だけ先につぼみが大きくなり始めました。ジギタリスの英語名はフォックス・グローブで、和名はキツネノテブクロ。
 
 一般的には背丈の高くなる植物ですが、こちらはシルバーフォックスという銀葉のドワーフ(矮小)タイプです(Digitalis purpurea subsp. heywoodii 'Silver Fox')。ここは吹き抜ける風が強い場所なので、背丈の高くならないタイプにしてみました。。(写真を撮った日も風がけっこうあったので、葉が裏返っちゃってます… ^^;;)
 
  数日後、クリーム色だったつぼみもすっかりこのように真っ白な花になりました。こちらはもーりーが撮ってくれた写真です。キツネノテブクロらしさが出てきましたね ^^
 
 もう一度ピンクのルピナスを。こちらも数日後にもーりーが撮ってくれたもの。いつのまにか花穂の長さが長くなってますね。
 
 こうしてみてみると、我ながらたった1年でずいぶん花壇も充実したものです。大型の花が一気に咲き始めたのでカラフルになり、道行く人が「毎日楽しみにしてるわよ」などと話しかけてくれることが増えてきました。なんとも嬉しくありがたいお言葉。おかげさまでとても励みになっています。家の周りに土を残してよかったな~と心から思う今日この頃の私です。
 
 
 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
昨日夕方の情報番組で、三重県志摩市にお住まいの方が、
休耕田でラッセルルピナスを育てているのを見たんです。
で、お邪魔したらルピナス!何とタイムリーな!と
少し驚きましたよ。

道行く人が褒めて下さるのって、凄く励みになりますね。
そして反対に、素敵なお庭を見かけると、つい声をかけたく
なってしまいます。それでモッコウバラ等沢山頂いたんです。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんばんは!
休耕田にルピナスですか~。
しかもラッセルって大型のですよね、たしか。
それは見ごたえがありそうですね^^
ルピナスは憧れの植物のひとつでしたが
大きくなるのでベランダの時は挑戦せずでした。

昨日の夕立でピンクのチャタレインは折れてしまったのですが、
刈り取って部屋に活けてます。
折れなかったら部屋に飾ろうなんて思わなかったので
それもある意味なかなかよかったです(笑)。

庭を始めて、日本人ってこんなにフレンドリーだったんだっけ?!と驚いてます^^
植物の交換も楽しそうですね♪

人気の投稿