わが家の庭から(18)ピエール・ド・ロンサールとクレマチス・フロリダ

 5月15日のピエール・ド・ロンサール。すっかり大輪になりました。右の咲き初めのものと左のものを見比べてみてください。オールドローズではありませんが、クラシカルな開き方をするところが大好きなバラです。
 
こうすると大きさの差がよく分かりますでしょう?
 
引いて見るとこんな感じです。
 
クレマチス・フロリダ(Clematis florida)も咲き始めました。
 
翌日には右側の花もこんなに大きく開いてきましたよ~。
 
 つぼみの色と咲いた花の色が違うので、道行くおじさんが「そのバラは咲き分けかい?」と聞いてきてくれたり(だんだん色が濃くなるんですよ~とお答えしました)、特徴のある咲き方なので、「そのバラ、ピエール・ド・ロンサールですよね?」と声をかけてくださるバラ好きの女の方がいたり。
 
 庭は出会いを運んでくれますね ^^ 歩道沿いなので、毎日オープンガーデン状態のわが家です(笑)。
 
 
 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
凄く優しそうな色ですね❤
情熱的な深紅も好きですが、こんな優しいバラは、
見ているだけで気持ちが穏やかになりますね。

我が家の道路沿いは、駐車場と玄関への階段で土は
庭に行かなければ無いんです。
それで植木鉢を所狭しと置いていますが、それでも
声をかけて下さる方がいらして…嬉しいものですね。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます。
このバラは花の径はけっこう大きいのですが、
下向きに咲くのと色が柔らかいので、
とても優しい印象になるみたいですね~^^
同じ品種で白や赤もあるようです。
(実物はまだ見たことがありませんが、
先日届いたタキイさんのカタログにも出ていました。)

庭があっても、コンテナを組み合わせると変化がついてステキですよね♪
見てくださって声もかけて頂けるのは本当に嬉しいです^^

人気の投稿