柚子ジャムで食べる、そば粉のガレット

本日は携帯写真の蔵出しです。これは1月頃のある日のおやつ。そば粉のガレット(クレープ)を焼いて、バターと柚子ジャムをのせていただきました^^ 柚子のいい香りで、とっても美味しかったです♪

 バターは以前ご紹介した手作りバター。ジャムも「花柚子」という種のない小さい柚子を使って作った手作りジャムです。

 花柚子は花奈ガーデンに行った時平塚のあさつゆ広場で購入したもので、購入時にジャムの作り方が書かれた紙をいただきました。スライスした花柚子を氷砂糖と一緒に常温で2週間漬け込むという方法。初めはそれで作ってみたのですが、けっこうさらさら~としたテクスチャー。柚子茶などにはぴったりでしたが、もう少しとろっとさせたい。

 それで、あらためて砂糖とペクチンを加えて煮詰めてみたのですが、最初よりはややこってりしたものの、わりとゆるめのジャムとなりました。クレープにソースのように使うにはぴったりかも。普通の柚子よりペクチンが少ないのかな?それとも作り方の問題かしらん?

 しかしゆるいままでも、お料理に使うには扱いやすく、魚の幽庵焼の漬けだれや、お肉の味噌漬けのタレなどに加えても利用しています。


 

コメント

人気の投稿