わが家の庭から(30)矮性のタチアオイ

アルセア・コンフォート クリムゾン
 
ちょっと時期の遅い話題かもですが・・・今もわが家で咲いているお花。写真を撮ったのはだいぶ前の、咲き始めの頃ですが。
 
庭に植えたいと思っていた植物のひとつにタチアオイがありました。この夏、念願かなって、いくつかのタチアオイの苗を植えました。アルセア・コンフォートというタキイ苗種(株)さんのオリジナルで、草丈120センチ程度という矮性品種。一度植えると毎年楽しめる宿根草です。
 
アルセア・コンフォート ホワイト
 
アルセアというのはタチアオイの学名Althaea rosea の属名の部分から。4色8株のサービス品を5月末に購入しました。咲き始めたのは梅雨入りしてから。
 
アルセア・コンフォート アプリコット
 
上からクリムゾン、ホワイト、そして最後のがアプリコットという3色です。これにもう1色、ピンクが加わったセットでした。どれも好きな色の組み合わせですが、特にクリムゾンの深い赤い色が大好きです。すべて7月12日の撮影。
 
タチアオイがてっぺんまで咲くと梅雨が明ける…と聞いたことがあったのですが、これがふつうと違う品種だからなのか、それとも聞くところによると例年より2週間も早い梅雨明けだったからか、梅雨明け後もゆっくり花は咲き続けています。この時ピンクはまだ開花すらしていませんでした(笑)。
 
地味な駐車場側に植えてしまいましたが、存在感のあるこの花のおかげで、そちら側がとても明るい雰囲気になりました。家の中からは見えない位置なのが残念。でも、外の水道がある位置に近いので、毎朝、水遣りの時にまず一番に眺めて楽しんでいます。
 
駐車場側の日当たりはどうなのだろうと心配でしたが、夏は朝夕に充分な日当たりがあり、最も暑いお昼前後には日陰になるというまずまずの状態。タチアオイの花の咲くのには充分なようで安心しました。日の低くなる冬場はあまり日が当たらないのですが、その頃には地上部は枯れてなくなるので問題ないかなと思っています。
 
株間を開けて8本植えたので、間がちょっと寂しい状態です。涼しくなったら、来シーズンのために似合いの下草を考えてあげたいなと思っています。耐寒性のある、冬場も彩りのあるものがいいですね。何がいいかな~。
 
 
 

コメント

人気の投稿