わが家の庭から(37)ホームたまねぎとペチュニア

ホームたまねぎの植付け数日後の様子
(写真を撮った後、土寄せをしました。)

ずぼらな家庭菜園の記録を本日もお送りいたします。えーと、9月の前半に、ホームたまねぎというものを庭の花壇に植えました。夏野菜を片付けた後です。写真をご覧になるかぎりでは、なんとひどい土に植えたもんだ・・・という感じですね ^^; お恥ずかしいことで。しかしまぁ、これでどこまで育つのかな?と。

さて、たまねぎというのは本来は栽培期間が長く、難易度も高いものだそうですが、このホームたまねぎはチューリップの球根みたいなものを土の上にぽんと置くだけでよいという、なんとも非常に簡単なものです。収穫時期も年を越さず、年内11月~12月ごろまでには出来るのだとか。母に「ホームたまねぎというのを植えたよ」と電話で話すと、「あ~、あれはすぐに収穫できて便利でいいね!」と言っていました。どうやら知っているみたいです。

土の上にぽんと置くだけ・・・と書きましたが、実際には下半分くらいを土に埋める感じで置きました。間隔は10センチ程度でいいらしいです。意外と省スペースですね。予想よりあっという間に芽が出て伸びてきたので、それからずかさず土寄せをします。我が家の場合は土の豊富な畑ではないので、家庭菜園用の土を買ってきて、それを上から被せました。

ホームたまねぎならプランターでも栽培可能だそうです。わが家も最初はプランター栽培を検討しましたが、まぁ、実験的に、いつもの歩道沿いの花壇でどうなるか・・・そこで育ててみることにしました。経過が楽しみです。

ちなみに別の花壇には、ミニキャロットの種を”かなり適当に”蒔きました。台風で種が飛ばされたり流されたりしないか心配でしたが、しっかり芽が出て間引くのが大変なほどでした。そちらも順調に生長してきましたら、写真を撮ってアップしたいと思っています。

春からずっと咲き続けている鉢植えのペチュニア
(Nikon FM10, Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D, f/2.8, 1/30sec, Kodak Gold 200)
 
こちらはおまけ。春につるなしインゲンのコンパニオンプランツとして植えたペチュニアです。インゲンが終わってしまっても、ずっと2階のベランダの鉢植えの中で咲き続け、秋になった今でもこの通り元気です。いつまで咲くんだろう?庭の花壇や直置きにしていた鉢植えのペチュニアは、もう終わってしまったのですが・・・。
 
寝室の窓の外にある室外機の上に置いているので、朝一番に見るのがこの花です。夏の間はこの白い花が涼しげで、とてもよい気分になったものです。そういえばまだ1枚も写真を撮っていなかったことを思い出し、小雨の降る日にベランダに出て撮りました。フィルムで撮ったものを最寄のカメラのキタムラさんでプリントしてもらい、それをスキャナーで読み込んでいます。わが家のスキャナーはどうもカラーがきれいにスキャンできませんねぇ・・・^^; 妙な線が入ってしまいます。見苦しくてすみません・・・。
 

 

コメント

lce2 さんの投稿…
素朴な疑問ですが、このタマネギがどうなると収穫できるんですか?
地下で増えるとか、大きくなるとか・・・。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんばんは!
これがこのまま大きくなるということのようです。
上手くいくかは・・・ハテナ?
上手く育ちますように。
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
ホーム玉ねぎ、初めて聞きました。
プランターでも育つのなら、我が家も出来そうですね。
家田農園さんのサラダセットの中に人参の赤ちゃんが
入っていました。小さくっても一人前の味がして、
植物って凄いなぁ~と感心しながら頂きました。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
ホームたまねぎはホームセンターで買い求めました。
ベランダ菜園の本に出ていて、興味があったんです。
上手くいくといいのですが・・・。

にんじんの赤ちゃんですか(笑)。
間引いたものを入れてくれたのですかね?
ミニキャロットも間引いた葉も食べられるみたいです。
そろそろまた作業をせねばなりません・・・。

人気の投稿