東京デート(10月):恵比寿、ギャラリー、ビヤホール

1.東京都写真美術館に行きました

10月12日(土)に恵比寿のガーデンプレイスにある、東京都写真美術館に行ってきました。恵比寿のガーデンプレイス側に行くのは・・・なんと、結婚後初めてでした(驚)。超~久しぶり。

思わず入り口にあるサンジェルマンで、マヨナンロールまで買ってしまいました。子供の頃から大好きなパンなんです。私も大好き~って方、きっといらっしゃるのではないでしょうか。サンジェルマンって子供の頃は地元にもあって大好きなお店だったのに、今は近くにないんですよねぇ・・・。忘れられない味のひとつですね、あれは。また厚木にもできないかな~。あの不思議な堅さがいいんだな、あのパンは。

2.岩合光昭さんの【ネコライオン】展のポスター
 
さてさて、初めから話は脱線しておりますが(笑)、この日の目的は8月から開催されていた岩合さんの【ネコライオン】という写真展を見ることです。8月に渋谷ヒカリエで見た【ねこ】展の半券を持って行きました。これで入場料が20%オフになりました。こういうのは大変嬉しいサービスですね^^
 
このポスターと同じ表紙・同タイトルの写真集も発売されており、それもミュージアムショップで買い求めてきました。写真展では見られなかった写真も収録されていますし、一般書店でも売られています。写真展に行く前にも何度か書店で見かけたのですが、中身を見ないように、見ないようにしていました(笑)。楽しみは写真展までとっておこうと・・・。
 
 『ネコライオン』の写真集はクレヴィスという出版社から出ています。
 
3.ヒョウもねこ科の動物で~す
 
今回のこの【ネコライオン】という写真展は、ポスターやタイトルからある程度イメージできるように、アフリカで生きる野生のライオンと、人間の身近に暮らす猫たちを、類似点から並べて見る・・・という面白い試みのものでした。
 
同じネコ科の動物なので、きっと似ているところがあるのだろうとはなんとなく思っていましたが、写真展を見てみると想像以上に行動がそっくりで驚きました。ポスターに書かれた「ライオンは大きいネコだ。ネコは小さなライオンだ。」という言葉に納得してしまいます。野性味溢れるネコの姿に驚いたり、ライオンの寛いだ姿のかわいさに目を細めたり・・・。今回もとってもとっても良かったです^^
 
この写真展を見ていたおかげで、数日後に出かけたズーラシアでも、猫のようなポーズで寛いでいるヒョウの姿に思わず目が釘付けになりましたよ~。あらためて、猫そっくりです(笑)。 ついつい先入観でかっこよく勇ましい姿ばかりを探してしまいますが、実はヒョウもこんなにかわいいんですねぇ。見て、このお尻(笑)。ぷりん♪ このヒョウの写真はもーりーさんの撮ったものです。ズーラシアのことも、また後日書こうと思っています。
 
4.ガーデンプレイスのビヤステーションにも行きました
 
写真展を見たあとは、ガーデンプレイスの入り口にあるビヤステーションへ。お昼は午前中にべつの場所で食べていたので、この時は夕方のおやつって感じですかねぇ。
 
5.期間限定品の琥珀ヴァイツェン

恵比寿という駅名はエビスビールから来ている・・・というのはよく知られたお話ですが、このビヤステーションで飲めるビールもエビスビールやサッポロビールのいろいろです。もーりーさんはエビスのハーフ&ハーフを、私は期間限定の琥珀ヴァイツェンというものを飲んでみました。

他にもレモンビールなんてものも瓶のラベルがかわいらしくて気になりました。ゆっくりと、いろいろ試してみたくなりますね。 琥珀ヴァイツェンもちょっとフルーティーな酸味のある、ライトな味わいのビールでしたよ。苦味は少なめかな?飲んでいてふいに、イギリスのパブで飲んだStrongbowというサイダーを思い出してしまいました。あれはビールではなかったんですが・・・。というわけで、ちょっと面白い味というのが正直な感想です(笑)。

6.オリジナルフライポテト
 
おつまみその1には、こちらのオリジナルフライポテトというものを注文。ケチャップが付いてきましたが、私達はお塩をお借りして、それをつけて食べました。岩塩を細かくしたものでした。ほくほくアツアツで美味しいです。

7.ビヤウインナー
 
おつまみその2はビヤウインナー3本というもの。軽く食べるのにちょうどいい量です。これもビールにぴったりで美味しかったです。
 
ランチタイムに来れば、和洋中とけっこうしっかり食べられるみたいですね。なんでもあります。ニシンの酢漬けやスモークサーモンなどが一皿にのっている、バイエルンプレートというのも美味しそうでした。人気メニューみたいですね。次回はそれを食べてみたいな~。
 
お酒もビール以外にもワイン、ウィスキー、焼酎、日本酒といろいろありそうでしたし、ソフトドリンクももちろんありました。老若男女楽しめそうなお店です。
 
8.ナディッフ・アパートにも行ってきました
 
 1杯飲んだ後は、同じエリアにあるナディッフ・アパートにも行ってみました。(東京都写真美術館のミュージアムショップも、同じナディッフさんでした。)
 
こちらは1階がアート系の書店で、それ以外のフロアーにギャラリーがいくつかはいっているという複合施設です。この日、私達がここへ寄った1番の目的は、2階のMEMというギャラリーで行われていた牛腸茂雄さんの写真展をみることです。没後30周年の企画展のひとつだそうで、白水社さんから出版されている【こども】という写真集からのプリントが展示されていました。日本カメラ誌の10月号の口絵で紹介されており、それを見て行きたいと思った写真展です。入場料は無料。
 
当然ずいぶんと昔の子ども達を写したモノクロ写真だったのですが、不思議とまったく古くさくなく、時間の経過を感じさせない写真の中の子ども達の表情にとても驚きました。こどもというタイトルがついていますが、こどもを子供子供した感じでは撮っていないというか・・・そう呼ばれる年齢にいるひとりの人・・・という印象を持ちました。とても素敵な写真展でした。荷物が多かったので写真集は買わずにきてしまいましたが、今からでもやっぱり欲しいな・・・なんて思っています。
 
地下と1階では森山大道さんのパリとロンドンを写した写真展もやっており、そちらも拝見いたしました。モノクロとカラーをいっぺんに見ることができ、こちらも面白かったです。
 
9.渋谷駅前で路上ライブをする高松豪さん
素敵な歌声でした
 
ナディッフからは腹ごなしに明治通りを渋谷まで歩きました。20代の頃に働いていた会社がかつてこの通りにあったので、よく通った道が懐かしかったです。すっかり変わっている部分もあれば、変わらない部分もあり・・・。
 
その明治通りにも、もうひとつ写真展をやっているギャラリーがあり、まいけるひとしさんという方の写真も拝見しました。空から俯瞰で撮られた東京の夜景の写真でした。午前中に新宿のニコンサロンでもふたつ見たので、1日に6件も写真展を見たことになります。こんな日は初めて(笑)。でも、お金払って見たのは岩合さんのだけで、こうしてみてみると、無料で楽しめるギャラリーって東京にもたくさんあるものなんですねぇ。それに、連続して見ていると情報もどんどん入ってくるのは、音楽会や絵画展も同じですね。来月は上野でターナー展を見る予定です。
 
さて、渋谷駅につく頃にはあたりはもうすっかり真っ暗です。駅前ではこの日も路上ライブをするミュージシャンの姿がありました。素敵な歌声でしたので、何枚か写真を撮らせていただきました。お名前は唄っているご本人の前に表示されていましたので、それで分かったというわけです。
 
 
 
Photo by Kazuya: 1~3,
Nikon D7000, AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
 
Photo by Sanae: 4~9
Nikon D3100, AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
 
 

コメント

lce2 さんの投稿…
着実にカメラの腕が上がってますね。
とってもいい写真ですよ!
叙情的な写真です。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
ありがとうございます^^
そう言っていただけてうれしいです♪
写真を撮るのが以前にもまして楽しいです。
でも、ブログやってなかったら、こんなに撮らなかったかもしれません(笑)。
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
2枚目のお写真にビックリ!合成なんですね?(笑)
先日お話していたベンガル猫、先日のコメ返に書いて
下さったように、ハーネス(犬につける胴輪)を付け
散歩していたら、3枚目のお写真の様な感じかしら?
ケメコがすっかり気に入って、婿にスマホで検索して
貰ったら、今度は婿も気に入ったみたい(笑)。
だけどツムジがアレルギーで飼えないんだなぁ~(涙)。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます。
ネコライオンのポスター、面白いですよね^^
そのまま同じ写真が表紙になった写真集も出ています。
書店で見つけたらぜひ見てみてください。
ライオンが猫に見えてきます(笑)。
ベンガル猫ちゃん、猫カフェとかに行ったら会えそうな気もしますね。
どうでしょうか・・・

人気の投稿