スペアリブの焼酎醤油煮

スペアリブを焼酎と醤油と黒砂糖で煮ました
 
10月18日の夕飯のおかずはスペアリブの焼酎醤油煮でした。超久しぶりのお料理ネタです。主婦なので毎日お料理してますが、なんだかあまり料理写真を撮る暇がなかったので、ご無沙汰になってしまいました。もーりーさんのお仕事の繁忙期には帰りが夜中という日が続くので、食べる前に写真を撮って・・・なんてやっていられなくなります。相手はおなかペコペコですから(^^;。
 
でも、この日はちょっと早めの帰宅の日だったので、食べる前に1枚写真を撮れました。遅くなってもいいようにと、スペアリブを昼間からじっくり煮ておいたもので準備も楽勝です(笑)。
 
お肉の基本の下処理は、なぜか今年になってアクセス倍増でこのブログ内の人気記事トップ10にまで躍り出てきてしまった、 ”3回茹でこぼす”角煮と同じ方法です。(たぶんEテレの「きょうの料理」に、ばあばこと鈴木登紀子さんが出ていた時に、アクセスが増えたのかもしれません。)あれは本当にいい方法です。臭みも余分な脂もしっかり抜けますし、お肉がとても柔らかくなります。
 
さて、今回のスペアリブの味つけには、日本酒ではなく焼酎を使いました。焼酎といっても芋や麦ではなく米焼酎です。いつもお料理に使っている日本酒の原料もお米だし、同じ原料からできているのだからいいのではないかなと思い。お客様の飲み残しが少しだけ瓶にあったので、それを使ってみましたよ。焼酎は煮切ってから使いました。それにお醤油ときび砂糖と生姜のすりおろしを少々を加えて、落し蓋をして煮るのはいつもと同じ。焼酎は少々苦味のあるお酒なので、日本酒で作る時よりもきび砂糖を大胆に入れて、甘みをしっかり出しました。(のつもりが、仕事から帰ってきて食べたもーりーさんは、「もう少し甘さがあってもいいね」と言っていましたが・・・。疲れ気味?)
 
結果、焼酎と日本酒だと、仕上がりの香りが少し違うような気がしました。焼酎を使う方がパンチの効いた大人好みの味と香りになるかもしれません。日本酒の方がまろやかかな。でも、焼酎を使った今回のスペアリブもとても美味しかったです。そういえば、沖縄のラフテーも泡盛を使うそうですよね。泡盛もお米からできるお酒だそうですから、もしかしたら近い味わいになるのかもしれません。どうでしょうか?
 
一緒に食べたのは自家製のタコときゅうりのキムチ(市販のキムチの素を使用)で、なかなか個性的なおかずの並んだ晩でした。これでお酒なしですから不思議なのものです(笑)。
 
 
*この後も、米焼酎はわが家のお料理に活躍しています。煮切ってから使うとやっぱり良いみたいです。ブリ大根なども美味しくできましたよ^^
 
 
 
 

コメント

lce2 さんの投稿…
これも旨そう!
お酒なし?
ありえん・・・。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
お酒で料理して、食事中はお酒なし(笑)。
せめてビールくらい欲しかったです~。
(家じゃ、自分で用意せにゃ飲めん!!)
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
ご心配おかけしました。
スペアリブの焼酎煮、息子に教わり我が家も
焼酎で煮る事があります。
息子曰く、「泡盛で煮ると美味しいよ」
そりゃそうでしょうね。でも勿体無くって
普通の焼酎しか使えません(苦笑)。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます。
お元気になられてよかったです^^
アンさんも焼酎を使って煮物をされることがあるのですね~
日本酒がなくて・・・と使ってみましたが、
これはこれで違った美味しさでした♪
他の食材でも試してみたいです。

人気の投稿