2013年7月31日水曜日

今週のなっちゃん(23) 猫の習性あれこれ


なつこさんもご他聞にもれず
狭いところが大好きです。
 
これは最近お気に入りの箱。
苦しそうに見えるけど
本人には居心地良いようです。


目の前に出された指先は
どうしても嗅がずにはいられません。
 

顔を近づけると
チューをするように寄ってきます。
 
でもこれは本当はチューじゃなくって
匂いを確かめているのです。
 

テレビも真剣に見ます。
 
って、これは習性じゃないか・・・(笑)。
 

*8月より「今週のなっちゃん」は隔週にいたします。
(第2、第4水曜日予定)

*その後、不定期になりました(2017年追記)

 

2013年7月29日月曜日

わが家の庭から(30)矮性のタチアオイ

アルセア・コンフォート クリムゾン
 
ちょっと時期の遅い話題かもですが・・・今もわが家で咲いているお花。写真を撮ったのはだいぶ前の、咲き始めの頃ですが。
 
庭に植えたいと思っていた植物のひとつにタチアオイがありました。この夏、念願かなって、いくつかのタチアオイの苗を植えました。アルセア・コンフォートというタキイ苗種(株)さんのオリジナルで、草丈120センチ程度という矮性品種。一度植えると毎年楽しめる宿根草です。
 
アルセア・コンフォート ホワイト
 
アルセアというのはタチアオイの学名Althaea rosea の属名の部分から。4色8株のサービス品を5月末に購入しました。咲き始めたのは梅雨入りしてから。
 
アルセア・コンフォート アプリコット
 
上からクリムゾン、ホワイト、そして最後のがアプリコットという3色です。これにもう1色、ピンクが加わったセットでした。どれも好きな色の組み合わせですが、特にクリムゾンの深い赤い色が大好きです。すべて7月12日の撮影。
 
タチアオイがてっぺんまで咲くと梅雨が明ける…と聞いたことがあったのですが、これがふつうと違う品種だからなのか、それとも聞くところによると例年より2週間も早い梅雨明けだったからか、梅雨明け後もゆっくり花は咲き続けています。この時ピンクはまだ開花すらしていませんでした(笑)。
 
地味な駐車場側に植えてしまいましたが、存在感のあるこの花のおかげで、そちら側がとても明るい雰囲気になりました。家の中からは見えない位置なのが残念。でも、外の水道がある位置に近いので、毎朝、水遣りの時にまず一番に眺めて楽しんでいます。
 
駐車場側の日当たりはどうなのだろうと心配でしたが、夏は朝夕に充分な日当たりがあり、最も暑いお昼前後には日陰になるというまずまずの状態。タチアオイの花の咲くのには充分なようで安心しました。日の低くなる冬場はあまり日が当たらないのですが、その頃には地上部は枯れてなくなるので問題ないかなと思っています。
 
株間を開けて8本植えたので、間がちょっと寂しい状態です。涼しくなったら、来シーズンのために似合いの下草を考えてあげたいなと思っています。耐寒性のある、冬場も彩りのあるものがいいですね。何がいいかな~。
 
 
 

2013年7月26日金曜日

育てて食べる(7)男爵のポテトサラダ VS キタアカリのきんぴら

 
7月10日の食卓です。たった二つしか収穫できなかった初挑戦の男爵イモ。その、お世辞にも大きいとは言えないジャガイモで、いったい何を作ろうか?と考え、少量でも食べた感のしっかりあるポテトサラダを作ることにしました。

茹でてから皮を剥いてつぶし、ツナ、たまねぎ、にんじん、パセリと一緒に、マスタード入りのマヨネーズで和えれば出来上がり。黒胡椒もガリガリと挽きました。ジャガイモの分量が少なめでしたので、今回はゆで卵は加えませんでした。(にんじんとたまねぎも軽く茹でてから使いました。)早めに作ってしっかり冷やしておきましたよ~。あ、パセリも庭から採ったものです。植えておくと大変便利。

家庭菜園のジャガイモは美味しさが際立っていましたよ~・・・と書きたいところですが、正直のところ、この男爵に関しては別段そんなこともなく・・・^^; ただ普通に美味しかったです(笑)。

 お次は7月23日の食卓。後から実りがあったことの判明したキタアカリ。とは言うものの、収穫時期が遅くなってしまい、食べられる状態だったのはこれもたったの1個だけ。しかも男爵ほど大きくない・・・。

そこで、またしてもいったい何を作ろうか??と考え、きんぴらにすることにしました。ちょっとした箸休めのひと皿です。

ジャガイモの皮を剥いてから薄切りにして、それをさらに千切りにして水にさらし、油で炒めて明太子をまぶしました。明太子に塩気や辛味があるので調味料は使いません。水にさらすとでんぷんが抜けるので、シャキシャキとした食感になります。

ポテトサラダの時の男爵がそれほど感動的ではなかったので、これもあまり期待せずに食べましたが、なんと!このキタアカリは激旨でした!!ほんのちょっぴりしか食べられないのが残念すぎるくらいに美味しい・・・!これには感動です。

う~ん、種芋の違いなのか、土の違いなのか、そもそも品種による自分の好みの差なのか何なのだろう?!男爵のポテトサラダ VS キタアカリのきんぴらの戦い(?)は、はっきりとキタアカリのKO勝ちとなりました(爆)。KOされたのは男爵ではなく、食べた私なのですが(笑)。

しかしながら、収穫できたのが男爵だけだったら次回も挑戦しようとは思わなかったかもですが、このキタアカを食べたおかげで、秋もジャガイモ作りに取り掛かろうと意を決したわが家。やっぱり、育てて食べるのは最高に楽しくて面白いです♪


2013年7月24日水曜日

今週のなっちゃん(22)お遊びタイム

 
 もーりーが帰宅すると、なっちゃんは遊んで欲しくて大騒ぎ。
 
紐で遊んでもらうのが大好き。
 
 じっと狙いを定めています。
 
キャッチしたかな?

おぉ~!お見事!!
 
今度は場所を変えてソファーの上。
なつこさん、鋭い目をしていますね。
 
振り子に揺れる紐を目で追っています。
 
隙あれば、キャッチ!
 
体勢を低くして・・・
 
ダッシュ!
 
(振り出しに戻る…)
 
 
 

2013年7月22日月曜日

育てて食べる(6)シシトウ入りトマトソーススパゲッティ

シシトウのトマトソーススパゲッティ
 
庭で採れたシシトウをトマトソースの具にして、唐辛子も一緒に炒め、ちょっと辛めのスパゲッティを作ってみました。

 シシトウのほろ苦味とトマトの酸味、唐辛子のピリリとした辛味が混じりあって、夏にぴったりの大人の味のトマトソースになりましたよ^^ トマト ソースはいつもの通り、にんにくをきかせたオリーブオイルで具を炒めて、白ワインやローリエ、イタリアンパセリなどを加えて煮詰めます。

 この日は出来立てを熱々でいただきましたが、残りのソースを冷蔵庫で冷やしておいて、別の日に冷製パスタとして食べてもとても美味しかったです。その場合スパゲッティは茹でてから氷水で冷やして締めるので、アルデンテにこだわらず、いつもより柔らかめに茹で上げます(冷やすとやや硬くなるので)。

 冷たくして食べる時には、カッペリーニ(エンジェル・ヘアー)などの極細パスタを使うのもいいですね♪ シシトウ入りトマトソース、夏にとってもおすすめです。

2013年7月21日日曜日

わが家の庭から(29)ジャガイモの収穫(7月上旬)

ジャガイモ(男爵)の収穫(7月10日撮影)
 
 7月9日に、2階のベランダで苗から袋栽培をしていたジャガイモを掘ってみました。キタアカリ2本は玉砕。男爵だけ、たった2つのジャガイモをつけておりました。労力と元手に比して少ない~。これはいわゆる「失敗」と言うやつですね(笑)?ま、それでも、このこぶつきジャガイモも食べてOKだそうなので、美味しいことを祈りつつ調理してみましたよ。
 
 本当はちびイモはゴロゴロついていたのですが、大きくならなかったみたいです。なかなか難しいですね。ベランダ栽培だったのですが、屋根がないので日当たりはバッチリなんですが、照り返しなどで実際の気温がちょっと高すぎたのかもなぁ…。まぁ、理由は他にもいろいろあるのでしょう。考えても分からないので(爆)、とりあえず次回は正攻法で種芋から挑戦してみようと思います。場所もベランダはやめて、どこか庭に確保してみようかな。失敗は成功の素。次もがんばるぞ~。
 
 んでもって、たった二つでも、育ってくれてありがとう!!
 
 母に電話で伝えると、「まだ底の方に取り残しがあるんじゃないの~?ちゃんとひっくり返して見て御覧なさい。」だって。そ、そうなの?!⇒ひっくり返してみたら、本当にキタアカリも小さいのがいくつかまだ出来てました!だけど、小さすぎたりすでに芽がのびていたりして、食べられそうなのは結局追加で1個だけ。それでも嬉しい驚きでした^0^ (写真はまだ撮ってません。)
 
 
 


2013年7月19日金曜日

横浜デート:中華街、聘珍樓本店での贅沢ランチと街歩き


6月の最後の土曜日にもーりーと二人で電車に乗って、横浜の中華街に食事に出ました。横浜にはけっこう来ていたのに、中華街を目的に来たのは1年半ぶり。


おなじみの中華街の脇道の風景。休日のお昼とあって、やっぱり人の数は多いです。こうやって、どこのお店がおいしそうかな~と、食べる前に見て歩くもの楽しいひと時。


いろんなお店の店頭には、甘栗、肉まん、ちまき、チャーシューと、迫力満点のディスプレーに活気ある呼び込みの声。どれもとっても美味しそう~!!

 
・・・なのですが、この日は散策しながらふらりと気に入ったお店に入る・・・という楽しみ方はしなかったのです。

実は、3日も前から食事の予約をしてありまして。聘珍樓さんのお食事券をいただいていたので、それを使わせていただくための中華街行きだったのでありました。

聘珍樓さんは広東料理のお店で、ランチでもコースが5千円以上の高級店。ドキドキ、ワクワク。案内を待つ空間もゆったりしていますし、お食事するテーブルも素敵なセッティングがされておりました。もちろん席も広々。サービスもホテルのような丁寧さなので、ちょっとした旅行気分が味わえます。

 
食事の様子はこんな感じ。写真のものは前菜です。 飲み物は紹興酒をジンジャーエールで割ったカクテルをいただきました。初めて飲みましたが、これも美味しかったです。もーりーは普通にビール。暑い日でしたからね~。他のテーブルではワインなどを飲まれている方もいらっしゃるようでした。
 

美味しいチャーシューもいただくことが出来て大満足^^ こってりと甘いチャーシューに、香りの良い辛子がいい組み合わせでした。あまりに美味しくて、わりとたくさんつけちゃった(笑)。


お料理は大皿でいったん運んで見せてくださった後、ひとり分ずつ丁寧に取り分けてくださいます。それぞれのお皿の上にのったにんじんは、カニとウサギの形をしていましたよ^^

6品からなるコース料理をいただきましたが、量はちょうど良かったです。


デザートはタピオカミルクと、ライチ。お茶はジャスミンティーではなくてウーロン茶だったようで、ホットでもアイスでもいただくことができました。私はホットで、もーりーはアイスで。

どのお料理もとても美味しく(ついでによそのテーブルに運ばれてくる別のお料理もとても美味しそうでした!)、またぜひ、懐具合の良い時にお食事しに来たいなと思いました。飲茶も出来るそうなので、それもいいな~。


食事を終えた後、さっそく乾物屋さんでタピオカとココナッツミルクを買ってしまいましたよ(笑)。タピオカの茹で方も教えていただいて、レシピを印刷した紙も袋に入れてくださいました。まだ作っていませんが…^^; あ、あと、干し海老も買いました。それはすぐに毎日の食事で大活躍中です。

いつ行っても楽しい横浜中華街。今回は贅沢ランチを楽しみましたが、たまにはこういうのもいいものだなと思いました。招待券をいただきまして感謝!どうもありがとうございます。(ギフトカタログからのチョイスです♪)



 

2013年7月17日水曜日

今週のなっちゃん(21)紙袋もぐり

おや?なつこさん、新しい隠れ家をみつけたのかな?
 
どんなところ?
 
それはこんなところです。
 
なっちゃん、どうやって入ったの?
 
ん?
 
それはね、こうやって、
 
こうやって、

それからぐるぐる回って向きを変えて、

こうやって、入ったの。

あ!
もりちゃん、開けないでニャ!
 
 
*なつこさんがわが家に来てから、7月14日で丸1年が経ちました^^
 
 
 


2013年7月15日月曜日

育てて食べる(5):シシトウ入り肉じゃが

自家製チャーシューと自家栽培シシトウを使った肉じゃが(6月26日撮影)
 
 もーりーの作ってくれた特製チャーシューのあまりを使って、後日肉じゃがを作りました。チャーシューは豚肉の肩ロースのもので、塊をそのまま鍋に入れ、盛り付ける時に食べやすい大きさに箸で崩しました。
 
 使ったジャガイモは平塚のあさつゆ広場という市場で求めた”インカのめざめ”。目にも鮮やかな黄色の果肉のジャガイモです。煮崩れにくくて色艶もよく、ねっとりした食べ応えのあるジャガイモ。煮物に最適ですね、これは。家でも育ててみたいです。美味しい。
 
 普通肉じゃがというと、たまねぎや糸こんにゃく、にんじんなどを入れていましたが、この日は変則。じゃがいもとお肉の他には椎茸とシシトウを入れました。シシトウは庭で育てたものです。これがまた辛いこと!唐辛子は育てていないので、交じり合ったってこともないと思うんですが…もともと本来はこういう辛味なのでしょうかね?そう考えると、シシトウってやっぱり唐辛子の仲間なのだな~と思いました。
 
 このほかのおかずは、同じく家で育てたインゲンの胡麻和えと、たたききゅうりとわかめの和え物(きゅうりは買ってきたもの、ひとり1本分)。それに白ご飯とえのきの味噌汁、沢庵。
 
 野菜たくさんでとても美味しかったです。
 
 
 

2013年7月14日日曜日

わが家の庭から(28)アイスキューブとマーロン(オリエンタルハイブリッドリリー)

Oriental Hybrid Lily 'Ice Cube'
 
 梅雨のさなかにユリが咲きました。もっと暑くなってから咲くのかと思っていましたが、こちらはオリエンタルハイブリッドリリーのアイスキューブという品種。カタログを改めて見てみると、6月中旬の開花と書かれています。日本だと思いっきり梅雨の時期ですね。
 
 雨続きで外で写真が撮れないので、家の中から窓越しに撮影(6月14日)。雨が当たると花粉も流れてしまうし、花びらも溶けてきちゃいます。
 
Oriental Hybrid Lily 'Ice Cube'
 
 同じ日ですが、雨のやんだ隙に表へ出て正面からも撮影。咲き始めはクリーム色が強めですね。直径は20センチ近くあり、とても大きな花を咲かせます。大きすぎて、近くのオリーブの枝にぶつかってしまいました…。葉っぱは照りのある濃い緑色をしています。香りもけっこう良かったかも。
 
 球根を昨年の秋に、タキイ種苗(株)さんのカタログよりチューリップなどと一緒に注文して植えました。開花時期を考えずに購入し、雨のことを考えずに植えてしまいましたが、 鉢植えにして、開花時には軒下に入れてあげるなどした方が良かったかな~。こういうのも勉強ですね。植えっぱなしでOKとのことでしたが、どうするか考え直してみようと思っています。
 
 ユリの花を大きなコンテナにまとめて植えた素敵な庭を見たことがあるので、そういうのもいいかな~と思い出しました。
 
Oriental Hybrid Lily 'Marlon'
 
  こちらは7月になってから咲き始めた、たしかマーロンという種類。7月中旬から開花とのことでしたが、すこし早めに咲いたのかな?(7月9日撮影)
 
Oriental Hybrid Lily 'Marlon'
 
 すでに梅雨明けして雨も降っていなかったのですが、今度は暑すぎて、再び家の中から撮りました。これも同じ日のもの。
 
Oriental Hybrid Lily 'Marlon'
 
  後日(7月12日)庭に出て撮った時には、すでにしべの花粉の色が悪くなってしまっていました。暑すぎてもだめなのかも?それにしてもこのピンク色は好みです。もっと目立つ場所に植えてあげれば良かったなぁ。葉の色も淡い黄緑色で、全体的にソフトな印象のユリです。香りはあまり感じません。
 
 
Photo by Sanae
Ice Cube: D3100 & AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
Marlon: D3100 & SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM
 


2013年7月12日金曜日

夕日の滝

  本格的に夏の暑さがやってまいりましたので、本日は画面の上だけでも涼しさをお届けできればと思います。6月23日に訪れた南足柄の夕日の滝と、その道中の写真をお送りいたします。(1)

夕日の滝へは近くのキャンプ場まで車で行くこともできますが、私達はその手前のバス停の近くにある駐車場に車を停めて、そこから金太郎生家跡などを見つつ、歩いて里山を上りました。10分くらいでしょうか。(2)

こんな棚田の風景を楽しみながら、滝までの道を歩きます。(3)
 
こちらも夕日の滝までの道中の様子です。)
 
田植えが終わり、苗の緑が揃ってとてもきれいです。(4)
 
「金太郎生家跡地」と書かれた場所を発見!(5)
 
いのしし料理を食べさせるお店も。(6)
 
タチアオイの向こうに、夕日の滝の道しるべが見えました。もうすぐです。(7)
 
キャンプ場を横切り、川を渡って(8)
 
苔むす森を進んでいきます。(9)
 
大きな木がたくさんある森の中は、とっても涼しくて気持ちがいいです。(10)
 
滝が見えてきました!
岩に登って、もう少し近づいてみましょう。(11)

夕日の滝の落差は23m。(12)
 
幅は5mだそうです。(13)
 
 金太郎が産湯をつかったと言われているのだとか。(14)
 
目から涼しさを感じていただけると良いのですが…(15)

写真を撮らせて頂いたお礼にお賽銭を。(16)
 
木々の大きさの分かる写真も1枚。(17)

下りは足元に気をつけて。(18)
 
アジサイのようなお花も見られました。(19)
 
 
Photo by Sanae: (1)~(5), (7)~(13), (15)~(19) D3100&AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
by Kazuya: (6),(14) D7000&AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II