日本のワインを飲んでみよう!:綾ワイン マスカット・ベーリーA

2月最初の話題は、久しぶりの「日本のワインを飲んでみよう!」シリーズです。ずっと日本のワインを飲んでいなかったというわけではないのですが、手近なところで手に入るものにはバリエーションに限りがあったので、なんとなくブログの記事にしないままになってしまっていました。

それが、お正月に福岡へ帰省していたもーりーさんが、義理の母から私へのプレゼントとして、宮崎県で作られたワインを持って帰って来てくれたのです。宮崎のワインなんて初めて!嬉しいです!!

日本でも各地でワイン作りは行われているようですが、生産量が少なく流通量が限られるのか、近所で手に入るのは大手の商品か、近場の山梨県のものくらいです。そのほかの県のものでは、やはり以前に親戚の方からいただいたもので、今でも「美味しかったなぁ」と思い出すのは広島県の三次ワインでしょうか。北海道への旅行中に宿でいただいた、北海道産のワインもとても美味しかったです。

さて、今回いただきました初めての宮崎県のワインは、綾ワインのマスカット・ベーリーA(辛口)の赤。包みを開けて実はちょっとビックリしましたよ。だって、義母はお酒を飲まないんです。なのにこの渋い選択はいかに?!もう、コルク栓を開ける前から、「これは絶対に美味しそう!」という予感が・・・♪

綾ワインという名前に女性のオーナーさんのワイナリーなのだろうかと思ってしまいましたが、綾というのは町の名前だそうで、綾ワインナリーというのは雲海酒造さんのやっている観光ワインナリーなのだとか。酒泉の杜http://kuramoto-aya-shusennomori.jp/という、ずばり、”お酒のテーマパーク”にあるワイナリーなんだそうです(驚)。

今回のは博多駅で探してくれたようですが、綾ワインの商品には現地でないと買えないワインもあるようで、そうなるとますます行ってみたくなってしまいますね(笑)。行かずして貴重な綾ワイン体験をさせていただくこととなり、大変嬉しいです^^

さて、こちらのマスカット・ベーリーA、もーりーさんと二人で3回の食事に分けていただきましたよ~。本当はスキヤキでもしながら~と思っていたのですが、結局のところシンプルなステーキ、イタリアンハンバーグ、そして最後は写真の軽食ジャーマンポテト・・・といった組み合わせでいただきました。(最後の1回は私だけで♪ てへへ^^;)

辛口に偽りなく、非常にキリリとすっきりした味わいで、どれと合わせても最高でした。飲み口はライト~ミディアムといった感じで、たいへん飲みやすい赤ワインです。香りはやや弱めの印象。しかし今の季節だと、室温保存していても冷蔵庫に入れていたみたいな温度になってしまうので、それで香りが弱く感じたのかもしれません。1回の食事でも、1杯目より2杯目の方がまろやかな味わいになって美味しいと感じました。グラスに早めに注いで、食事をしつつ少し置いてあげた方が、もしかしたらより味と香りが楽しめるのかも。こってりとしたお料理より、シンプルな味つけのものやライトミールに合うような気がしました。

というわけで、日常的に気軽に飲むのにすごくぴったり。家の近くでも買うことが出来れば、またぜひ飲みたい赤ワインです。美味しいワインをどうもありがとうございました。

コメント

人気の投稿