グーラッシュを作ってみた

自宅でもグーラッシュ(Gulasch)を作ってみました
 
友人と行った東京のウィーン料理屋さんで食べたグーラッシュがとても美味しかったので、家でも作ってみて、もーりーさんにも食べさせてあげたいなと思い、牛のすね肉を買ってきて挑戦してみました。
 
お店で食べた時の印象としては牛肉のトマト煮込みといった雰囲気だったのですが、このグーラッシュというお料理のポイントとなる材料はいったい何だろう?と、例によって、インターネットでレシピ検索をしてみました。
 
その中から、どうやらキャラウェイシードとパプリカ(あかぴーまんとかではなく、スパイスの方)とラードが特徴的な材料なんではないかと理解し(つまりは、動物性油脂で野菜を炒める・・・と理解)、レシピはウィキペディアで見たもっとも(?)シンプルなものを採用し、若干自分でアレンジして作ってみました。
 
以下、私が作った方法です。
《自己流グーラッシュ》 
【材料】牛すね肉、バター少々、にんにく、たまねぎ、トマト、キャラウェイシード、パプリカ、塩、胡椒 、赤ワイン、水
【使った鍋】ル・クルーゼ
  1. バターを溶かした鍋で、牛肉の表面を焼く。(焼く前にお肉には塩コショウをしておく。バターはラードの代わりとして使用。)
  2. 表面を焼いた肉はいったん取り出し、そのままの鍋で、にんにく(みじん切り)、たまねぎ(スライス)、トマト(ダイス・・・水煮なら大匙2~3くらい)を炒める。(肉を焼いた時の焦げなどは、野菜を炒めながら旨みとしてこそげる。)赤ワイン少々を加える。
  3. 1の牛肉を鍋に戻し、キャラウェシードひとつまみと、パプリカ大匙2を加え、水をひたひたにはる。
  4. 沸騰したら極弱火にし、ふたをして2時間煮込む。(時々様子を見てかき混ぜる。)
  5. 食べる直前にふたを取り、煮汁が多すぎるようなら火を強めて煮詰める。その際に味見をしながら、塩コショウでととのえて完成。
たまねぎやトマトからじんわりと甘みが出て、すね肉もお箸でいただけるくらいの柔らかさになりました。お店ではマッシュポテトのようなものが一緒に出てきましたが、ジャガイモを切らしていたのでそれは省略。代わりに春らしく、レタスとスナップエンドウのサラダを食べました。主食もパンではなくて、白ごはん(笑)。ごはんとの相性も悪くなかったです。

トマトを使った煮混み料理といえば地中海料理を思い出しますが、オリーブオイルやハーブをたっぷりと使うあちらのものとは、またひと味違った美味しさでした。

家庭によりいろいろな具材を使うとのことですし、お肉も牛肉に限らず、鶏・豚・羊肉といろいろあるそうです。今回めでたくもーりーさんにも大好評でしたので、他のバージョンもまた作ってみたいと思います。いつか現地で食べる機会ができるといいな~^^

コメント

Cimarron さんの投稿…
グーラッシュ美味しそうですね。
ワンタンや餃子を入れても美味しそうと思うのは私だけでしょうか・・・・
Sana さんの投稿…
★Cimarronさん、こんにちは!
ワンタンや餃子ですか?!
ラビオリみたいな感じでしょうか~。
確かに濃厚なパスタソースみたいな味わいでもあったので、
絡めて食べる系のものを加えても合いそうですね。
ボリュームアップしていいかも♪
アン さんの投稿…
sanaeちゃん、こんばんは~☆
だいぶ春らしくなってきましたね(嬉)。
『グーラッシュ』お名前だけではどんなお料理か
想像も付きませんでしたが、分かりやすいレシピを
拝見して、大体は…(笑)。
ワインが合いそうですね。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんばんは!
だいぶ暖かくなってきましたね^^
グーラッシュというお料理、
ビーフシチューよりはあっさりとしていて、
トマト煮込みよりは酸味がまろやかで、
たまねぎなどの野菜の旨みや甘みが全体をマイルドにしている・・・
という感じでした(笑)。
でもあくまでも、”~風”ですが・・・。

人気の投稿