わが家の庭から(45)スイセン、デイジー、ハナカンザシなどなど

1.ミニスイセン(Narcissus cyclamineus
 
さぁ、みなさん!いよいよ本格的な花の季節の始まりですよ~^0^ 今年は菜の花、梅は見逃し(撮り逃し)てしまいましたが、がっかりせずにこれから咲くお花をどんどん楽しもうと思います。
 
『わが家の庭から』シリーズもこれから登場回数が増えるかもしれませんので、お花好きの皆さま、めずらしいものなどはなにもございませんが、ぜひぜひ足を止めてご覧になって行ってくださいまし。楽しんでいただけましたら幸いです。

2.昨年はポストの下に植えていたのですが
こちらの電信柱の根元に移動させました。
 
さてさて。この庭に植えて2年目のミニスイセンですが、最初の年にはポストの下に咲かせていたのでありますが、今年は秋に球根を移動させました。わが庭一番の、”どうしたもんかね、ここは・・・”スペース(笑)、電信柱の根元でございます。
 
ここ、お隣さんとの壁とも近く、ブロック基礎に囲まれたちっちゃいスペースなんです。木を植えるにも根っこを収めるのもちと困難。しかし、落ち葉などの堆積も多かったからか案外土質は良く、こんな感じでスイセンを植えてみました。
 
スイセンのシーズンが終わったら、葉の様子を見て、上から何か夏~冬に咲きそうなものを植えてもいいかな~なんて思っています。間からまた春になってスイセンが出てくる・・・なんてサイクルを作れれば最高。どうでしょうか?そんなにうまく行くかな~?ま、試しに挑戦です。
 
3.デイジー(Bellis perennis
和名はヒナギク
 
こちらは冬に植えた赤いデイジー。2月には1回目の雪の重みで花が折れたりしちゃったので、2回目の雪の予報の前にはすっかり花を刈り取ってしまい、部屋の中に活けて楽しんでいたのですが、3月も半ばをすぎると暖かくなり、ふたたび次々と花を咲かせるようになりました。
 
ヒナギクの名の通り背丈も小さくかわいいのだけど、このヴィヴィッドな色合いで、堂々とした咲き姿を見せております。
 
4.プリムラジュリアン(Primula juliae
 
こちらも2月に雪に埋もれてしまったプリムローズ。サクラソウの仲間で、園芸種のプリムラジュリアンです。これも冬の寒さに強く、けっこう丈夫です。このほか3色育てており、そっちは鉢植えにしているのですが、この1色だけ花壇に直接植えてみました。夏場などにはどうなるのかなという興味もあり・・・。
 
咲き終わった花柄を根元からこまめに切ってあげると、根元の方に控えているつぼみに日が良くあたるようになり、どんどんどんどん咲いてくれます。花期の長いものはいいですね。
 
5.ハナカンザシ(Rhodanthe chlorocephala

カサカサとした花びらのテクスチャーが面白いハナカンザシは、小さな花をこんもりとよく咲かす、オーストラリアのお花だそうです。

これは以前、マンションの北側の玄関脇でも育てていたことがあります。日照時間の短めの寒い場所でしたが、なかなかそれなりによく咲いてくれたな~という記憶が。当時は売られていた時に、今とは異なる学名を元にした、カタカナの長い名前がつけられていたのですが、お隣の奥さんとの花談義でハナカンザシという和名を教えていただきました。カタカナ名は覚えられなかったのですが、ハナカンザシという名前は忘れにくいです。

5.英語名をペーパー・デイジーというらしい
 
日に透ける花びらの様子も美しいです。英語圏ではペーパーデイジーと呼ばれているのだそうです。そのカサカサと音を立てる花びらの様子にピッタリで、これも忘れにくそうな名前ですよね ^^
 
ひとつひとつは茎も細くて小さい花ですが、ハナカンザシも案外強くって、花の咲いたまま雪に埋もれていましたが、折れることもなく雪解け後もそのまま同じ姿を見せました(笑)。すごい~!
 
6.今年はオオイヌノフグリ(Veronica persica)もわが庭に登場!嬉しいです♪
後ろに見えるのはオーブリエチアで、細長い葉はこれから咲くだろうムスカリ。
 
最後は、私の”植えてない”はずのお花。どこからともなくやってくるワイルド・フラワー。そう!雑草です!
 
雑草も毎年同じものが同じ場所に芽を出すわけでもないんですよね~。除草なんてしなくても、その土の状態が変われば、ある時もう姿を見せなくなるものもあるし、次々生えるものも変化するのだそうですよ。面白いです。雑草は天然の土壌改良の名手だといいますから、わが家では草丈や量をコントロールしながらも、秘かに大事にしております(笑)。かわいいものなら、夏場のグランドカバーになってくれてありがたいですし、虫も雑草を食べてくれるので、園芸種や作物に被害が少なくなるとも聞きますしね。勝手に庭に来てくれる、コンパニオンプランツというわけです。
 
さて、というわけで前置きが長くなってしまいましたが、今年の春はオオイヌノフグリが登場してくれました。小さな青いお花がかわいくて大好きです(写真左下のもの)。ちなみに似ていると言われるイヌノフグリというのは、もう少し花が小さく、色もピンク色をしたものだそうです。もうほとんど見られないと聞きますが、そのうちそんなのが庭に登場したらビックリするでしょうね~。毎年ワクワクしながらワイルドフラワー観察もしていきたいと思います。
 
後ろに咲いている紫のお花(オーブリエチア)については、また今度ご紹介いたします。
 
 
Photo by Sanae;
Nikon D3100, AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G (Photo No.2~4, 6)
Leitz Elmar 5cm f3.5 (Photo No.1&5)
 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
Sanaeちゃんちのお庭にも春到来!ですね。
我が家も満足な手入れは出来なかったにも関わらず、
次々と咲き出しています。
ヒナゲシは言葉の響きが良いですね。そしてハナカンザシも
好きなお花の一つです。

↓今日娘が来ていたので、Sanaeちゃんちのビーフンの話を
すると、3日前に食べたくなって買って来ようと思った。と
言うんですよ。なんか不思議な感じでした。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます。
雨の後また一気に、どんどん別なものが咲き始めました~^^
のんびりしていると、家のものも写真を撮り逃しそうです。
ムスカリ、ヒヤシンス、ハナニラが今は咲いています。

ビーフン、自分で書いておいて、
週末にカルディに行ったのに買い忘れてしまいました^^;;

人気の投稿