わが家の庭から(56)ワイルドストロベリー、ランタナ、黒スグリ、アスチルベ、バジル、ピーマン

たくさん実をつけてくれるワイルドストロベリー
 
6月15日(日)の庭の様子です。この時期のわが家の庭では、ワイルドストロベリーが真っ赤な実をたくさんつけて、かわいらしい様子を見せてくれます。雨が続いて放っておくと、すぐに熟しておちてしまうのですが・・・それでも次々に実をつけます。
 
斑入り葉のランタナ
 
もうひとつはこちら。斑入りのランタナ。2色の葉の色も庭のアクセントになってくれますが、黄色の花の色も夏らしくてよいです。別の場所に植えたピンクのランタナはもう咲き終わってしまいましたが、黄色のこちらはまだしばらく楽しめそうです。
 
2008年12月にもーりーさんが石垣島で撮ってきたランタナの写真

こちらの写真はおまけ。同じく黄色のランタナです。これ、数年前にもーりーさんが会社の組の旅行で行った石垣島で撮ってきたものです。ランタナはもーりーさんが「これがいい」と言って選んで植えた花なので、昔の画像フォルダにランタナの写真があったのは驚きでした。無意識だとしても、好みなんでしょうね、きっと(笑)。
 
(実際は彼の選んだランタナは以前ご紹介したピンクと黄色の花がミックスで咲くものなのですが、そのタイプもちゃんと石垣島の写真に含まれていました!ちなみに使ったカメラはOptio S4iです。)

熟した黒すぐり(別名:ブラックカラント/カシス)
 
黒すぐりもすっかり熟して真っ黒な色になりました。

アナベルに埋もれるようにして咲くアスチルベ
 
小さいと思っていたアナベルのぼんぼりもいつの間にか大きくなって驚きました。そしてその脇に植えてあったアスチルベも咲いたのですが、アナベルに押されて、すっかり埋もれてしまっています・・・。反対側からはマロウの葉に押されているし・・・。このスペース、秋~冬に植え替えが必要かも。ちょっと予想以上に窮屈な感じになってきてしまいました。

この日の収穫はバジル、ピーマン、黒スグリ、ワイルドストロベリー
 
雨が降って、晴れて、と続くと植物は一気に大きくなります。バジルは大きくなりすぎ・・・虫食いも多くて、つぼみもつけ始めたので、思い切ってばっさり切りました。次の芽を出してもらおうという作戦。切ったバジルは食べずに活けておいたら、花が咲き根も出てきました。種を採ってもいいかも。
 
他にもピーマンの初収穫や、ワイルドストロベリーと黒すぐりも採りました。ベリー類は食べるにはまだ量が少ないので、洗ってから冷凍保存をしておくことにしました。数がある程度たまったら、ジャムでも作ろうかな~と思います。
 
ピーマンは焼き野菜をした時に食べましたが、やっぱり市販のものよりも味も香りも濃くて美味しいです!去年より肉厚という感じで、出来がいいような気がします。1本しか植えていないので1回に採れる数は少ないけれど、これからしばらく楽しめそうで嬉しいです。

最後はもう一回アナベル。もう6月も終わるし、そろそろ紫陽花も飽きた~なんて声も聞こえてきそうですが(?)、今頃ジューンブライドの雰囲気でクローズアップを撮ってみました。

・・・っていうか本当は、新しいマクロレンズを手に入れたので、それをただ試したかっただけだったりして。。。(TAFNON 80-200mm F4 MACRO)

ぎゅうぎゅうになりすぎていた部分を刈り取って、部屋に数箇所飾っています。アナベルってとてもいい香りがすると今年初めて気がつきました。
 
 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
ワイルドストロベリーと聞くと、娘が独身時代、
会社の人から一鉢頂いて来て、
「実が生ると結婚したい人と結ばれるんだって!
だけど実を食べると結婚出来ないらしいから、
実が生っても絶対食べないでね!」
その時の人が今の婿かって!? それがその頃は、
誰もいなかったらしいんです(爆)。
ワイルドストロベリー、外国では奇跡と幸福の
象徴らしいですね。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんばんは~
ワイルドストロベリーにそんな話があったとは!
全然知りませんでした(驚)!!
奇跡と幸福の象徴というのも初めて知りましたが、
たくさん実るのでそういう雰囲気はありますね^^
おもしろいお話を聞かせていただきありがとうございます♪

人気の投稿