ずっとこれをして生きたい

写真を撮ること、が、言葉の代わりになる・・・とは思わない。写真を撮ること、が、書くことの代わりになる・・・とも思わない。書くこと、が、常に自分の中には先にあり、写真を撮ること、は、ひょっとしたら、その動機を与えてくれる一番のよき相棒なのかもしれない。

切り離しても存在するから、お互いのことをお互いにとって、かけがえのないもの・・・とは言い切れない。時にはよその人の文章と自分の写真が仲良くすることもあるだろうし、よその人の写真と自分の文章が仲良くすることもあるだろう。

だけど、その大好きな二つの行為が、自分の中でずっと、やっぱり仲良く手をつなぎ続けていてくれれば、この上ない幸せだ。

私は自分のことを、「写真を撮り、文章を書く者」と定義しよう。そして、これから先の人生において、ずっとこれをして生きたい。


コメント

人気の投稿