グループ写真展 A to Z(準備とかかった費用のお話)


昨日8月5日(火)より、ナダール・東京さんでのグループ写真展【キミを連れて~私と私のカメラ展~】が始まりました。ブログタイトル下にあるお知らせページでもご覧いただけますように、私もこの写真展に6点出展しております。会期は8月10日(日)までです。無料ですので、期間中お近くにお出かけの際には、ぜひお立ち寄りくださいますと嬉しいです。

さてさて、AtoZというのはいささか大げさではありますが、今回のグループ写真展の準備作業について、覚書程度にこちらにまとめてみようかと思います。これからこういうのに参加してみたいな~という方にも、少しは参考になるかもしれませんし・・・。

まず、どうやってこういうグループ展をみつけるか・・・というと、私の場合はナダールさんのウェブサイトで直接募集告知を拝見し、メールで申し込みをしました。公募展というのは他にもいろいろあって、カメラ雑誌などにも出ております。その参加規程もいろいろで、審査の必要なものもありますが、私が好んで参加しているものは無審査のものです。決められた参加費を払えば誰でも参加可能というものもたくさんあります。価格も様々で、枚数が指定されていて1枚いくらというのもあれば、使用できる壁面サイズが決められていて、1スペースいくらという場合もあります。

今回は1スペース(幅70cm、高さ100cm)1万円という企画でした。その中に写真を何枚展示するかは個人の自由。これによってひとりひとりのグループ展にかかる費用と言うのは変化してきます。ちなみに今回のナダール・東京さんのグループ展の場合、1万円に含まれるのは前述の1スペースの使用料の他、A4サイズまでの作品集1冊と名刺やポストカードなどをひとり1種類は置いてOKという内容(製作費用は個人持ち)。プラス、グループ展の案内DM(ギャラリーで製作したもの)30枚の割り当てが含まれていました。

では、他にどのくらいの費用がかかったのかを順番に見て行きましょう。まず私の場合、搬出・搬入は郵送にしたので、ここで配送料がまずプラス。搬入時はゆうパックを使い、1000円程度でした。搬出時はナダール・東京さん指定のヤマト運輸さんの着払いになりますので、これに関してはまだ金額は不明ですが、まぁ、そう大きく変わらないだろうと思いますので、ここでも約1000円の予算にしておきます。(搬出の日は用事があって作業をギャラリーの方にお願いすることになってしまったのですが、これに関してのプラス料金は発生しないようでした。ありがたいです。)

梱包材料はホームセンターのコーナンで段ボール箱とエアパッキンを購入し、両方でだいたい800円くらいでした。(ちょうど家に空き箱や緩衝材がなかったので・・・)

また、割り当てられたDM30枚(じっさいにはその後追加もいただいたので、今回は55枚でしたが)のうち、切手を貼って友人知人に送付したのが29枚だったので、切手代52円×29枚で、郵便費として約1500円かかりました。


お次は展示そのものにかかる費用です。最初はすでにプリントしてあるモノクロ写真を使おうと思ったのですが、それだと枚数が少ないわりに額装費がかかりそうだと分かり、小さいサイズのカラープリントを何枚か展示する方法に変えました。展示方法もパネルや額装と好みに合わせていろいろ選べたのですが、私はマット付の額装が好きなので、そのスタイルにしました。

まず、デジタルカラープリントをカメラのキタムラさんで6枚。サイズは2Lにしました。1枚110円だったので、6枚で660円

これを、世界堂さんで1枚1000円のフレームを購入し、そこに収めました。フレームは1000円を6枚で6,000円。しかし、私の選んだフレームはガラス板付のものでしたので、これを1枚300円程度でアクリルに変更してもらいました。300円が6枚で1,800円。(ガラスだと割れる心配もありますし、何より重量が重くなります。なのでアクリルに入れ替えて使うほうが、展示も安心ですし、搬入・出も楽です。)

また、2L判プリントをピッタリのフレームに入れる方法もありますが、私は八つ切りのフレームに白いオーバーマットをつけて写真を額装しましたので、さらにマット代がかかります。これも1枚300円以下で加工していただけました。紙の製品なので汚れた時のことを考えて1枚余分に注文し、300円が7枚で2,100円です。


さらにプラスアルファの部分です。展示以外に自分のことや自分の撮った写真をアピールする商材として(ま、販売はしないので商材と言うのも変ですが・・・)、ポストカードと名刺を作りました。会期中にギャラリーに置けるのはどちらかひとつだったので、置いてもらうのは展示に使ったのと同じ写真で作ったポストカードにして、名刺はお会いした方々にその都度お渡しするためのものとして用意しました。

これらは、オンライン注文の可能なVistaprintさんにお願いしました。それぞれ最もシンプルなデザイン指定で、ポストカードが100枚で2,400円程度。名刺は100枚で1,500円程度でした。これに送料が500円。日本語で注文しましたが、オーストラリアから届きました。

ちなみに、実際に自分でもこのポストカードを使って遠方に住む友人などに手紙を書いてみましたが、薄手の仕上がりの物を選んだわりに、ボールペンでも万年筆でも書き心地はとても良く、大変気に入りました。

(後年追記→ここのオンライン印刷は、日本でやるようになってから仕上がりや対応が変わってしまいました。残念。というわけで、今は使っていません。)


最後に準備したのがフォトブックです。今回は、「展示に使った写真と同じカメラで撮ったもの」という条件がありましたので、このグループ展のために1冊作りました。カメラのキタムラさんのフォト本という商品で、72ページに150カット以上を収めました。定価だと4,700円だったのですが、こちらは以前フォトブック30%オフという券をいただいていたので、それを使わせてもらい、実際には3,300円でした。

さて、ここまでの費用を全部足し算してみましょう。いったいいくらになったかな?

          参加費     10,000円
          配送料      2,000円
          梱包費        800円
          郵便費      1,500円
          写真代        660円
          額         6,000円
          マット       1,800円
          アクリル板     2,100円
          ポストカード   2,400円
          名刺        1,500円
          送料          500円
          フォトブック    3,300円
          合計      32,560円

丼勘定なので、これに若干のプラスマイナスはありますが、大きく外れることはないでしょう。


その他、事前準備にギャラリーに足を運ぶこと2回。1回目は説明会。2回目は搬入と懇親会です。そして、会期中に今回は私の場合は2回ギャラリーに足を運ぶ予定なので、上記の金額に交通費の全額と、懇親会の会費を含めると、すべての費用が出てきます。

もちろん懇親会への参加は任意ですし会期中の在廊の義務もありませんので、その辺の費用はここには載せませんが、一応こういうものもあらかじめ予算に含めておくとトータルで楽しめると思います。




*開催中のグループ展の詳細はこちらです→


コメント

人気の投稿