NHK『テレビでほにゃらら語』の類が大好き

バルセロナからマドリッドまでのドライブ旅行の途中のどこか
(私は行っておりません。)
Photo by Kazuya Moriyama 2004

NHKの語学番組が好きでよく見ています。とくにユーロ24のシリーズがお気に入りで、今シーズンもフランス語、ドイツ語、スペイン語を録画予約しておいて、時間がある時に見ています。(主にアイロンがけの時とかに見ています。テキストは買ってません。)
 
イタリア語は、ジローラモさんとダリオさんが出ていた時にはまって見ていました。まだジロさんがちょいワルおやじとか言われてなかった頃です(笑)。その頃はラジオのイタリア語も毎日ちゃんと聞いていて(白幡先生という、すご~くお声の素敵な先生だったので)、NHKでのお勉強だけでイタリア語検定の4級も取ってしまいました(笑)。(市販のテキストは使ってましたが。)全然日常では役に立っていないまま、もうだいぶ忘れちゃったけど。最後の方は青山一丁目のNHK文化センターでのイタリア語講座にも通いまして、その期間ってなんだかよく分からないけど、自分の人生の中でけっこう華やかな時期だったな~という記憶となっています。たかだか半年から1年程度なのですが。
 
ところで、ヨーロッパの言語というのは、イタリア語だけでなく、スペイン語もフランス語もドイツ語も、動詞が主語によって活用したり、名詞に男性名詞や女性名詞などがあったりして、初めてやる時は文法がとても難しく感じるのですが、でも、どれかひとつでも学んでしまうと、あとは構造的にとてもよく似ているので、ほかの言語を後から学ぶのはけっこう簡単なのかも・・・というのが私の最近の感想です。だからヨーロッパの人は、けっこう何ヶ国語も話せたりする人が珍しくないのかなと。
 
それで、今はNHKのユーロ24のシリーズを3ヶ国語分も見ているというわけです。もちろん、こういう学び方はどれも”片言”を目指す・・・って感じにはなりますけど、それでも旅を楽しむには充分ではないかなと思っています。なかでもイタリア語とスペイン語は読み方や発音が日本語のローマ字に近いので、なじみやすいと思います。私もそういうとっかかりで、まずはイタリア語を始めました。まぁ、それよりも何よりも、ジロさんとダリオさんの番組がすご~く面白かった!というのが一番の理由でしたけど。
 
イタリア語で外国語の面白さにはまり、その次に英語に興味を持って習いに行って、それからスペイン語を市民講座に習いに行きました。イタリア語と英語は20代の終わりで、スペイン語は30歳前後。そしてずーっと興味があったフランス語は、今年になって急にランゲージ・エクスチェンジの機会に恵まれ(今はお相手の方がお引越ししたのでもうやってませんが・・・)、そして写真やカメラの方面からドイツ語にも興味出てきたな~というのが42歳の現在です(笑)。語学って、息の長い趣味と言えるような気がします。
 
NHKの語学講座をそれぞれ見ているだけでも楽しいです。(なかなか簡単には覚えられないけど。)

カダケスのダリの家の前にて
寒くて目を閉じちゃってます^^;
画像データがなくなってしまって、プリントしたものをスキャンしました。
Photo by Kazuya Moriyama 2005

とくに、今シーズンはスペイン語とフランス語が面白くてお気に入りです。(秋冬は前シーズンの春夏ものの再放送ですが。)

NHKの語学講座は毎シーズン生徒役のタレントさんが注目の的なのかなとは思いますが、個人的にはそれよりも日本人の先生の面白さがポイントではないかと思っています。今回のスペイン語の福嶌先生は以前より大好きな、とっても面白い先生です!とくに今回は生徒役の平岳大さんとのかけあいもすご~く面白くて最高です。平さんは本当にスペインがもともと好きな方のようで、予習をかかさぬグイグイ感がラテンっぽさをかもし出していてすごくいいです(笑)。答えてみせるッって平さんの気迫(?)と、「おぉ~!じゃぁ、これならどうだ!」という、ちょっと難易度の高い問題出しちゃうぞ的な先生のやりとりが面白いです(笑)。現地ナビゲーターのマルタさんも美人で大好きだし、スタジオのコロンビア人のリナさんもめちゃキュートでかわいいし、おとぼけ風なスペイン人のダニエルさんもいい味出してて大好きです。

福嶌先生と平さんのスペイン語の駄洒落の応酬もけっこう好きです。わが家でももーりーさんなどは、「スペイン語でいくらですか?って聞くのって、博多弁の”こげんと、喰えんくさ!”に似てない?」とか言うアホ会話なので(笑)。(本当のスペイン語の「いくらですか?」は「クアント・コスタ?」です。念のため・・・。)スペイン版きょうの料理みたいなお料理コーナーも好き。(こちらも登場人物のスペイン人お二人が好き・笑)

もうひとつ、日本人の先生のとびきり素敵なのはフランス語!川竹先生、お声が素敵~!かなりミーハーなノリで、先生のファンです(笑)。一見、厳しい先生なのかな~と思うのですが、生徒役の元タカラジェンヌの真飛聖さんとのかけあいが、こちらの場合もすごくいいです。真飛さんがうまくフランス語を言えた時の、川竹先生の優しそうなにこにこ顔がすごく素敵!それで上品なお声で、「うまく言えましたね~。絶対間違えると思った。」とか言う落差が・・・しびれます(爆)。そういうこと言わなそうなのに、言うという。

美人のクリステルさんと、お調子者っぽいニコラとのプチお芝居もいつも面白いです。ニコラの作るお料理も、いつもとっても美味しそう!!

こうして考えてみると、面白い先生とリラックスした生徒、美しい人と楽しい人、そして美味しいお料理・・・というのが、ついつい見ちゃうな~という語学番組の特徴かも。旧シーズンで好きだったのは、山口もえちゃんと、満田久子さんの時のイタリア語、片瀬奈々さんの時のスペイン語、黒谷友香さんと知花くららさん、渡部豪太くんの時のフランス語あたりです。ドイツ語はまだ見始めたばかりなので、誰の時が面白かったってほどにははまってないのですけど・・・。ラテン語圏と美人の組み合わせはついつい見ちゃう(笑)。出演者さんのファッションを見るのも楽しいですものね。豪太くんの時は、姫田先生がとってもかわいくて素敵でした!

というわけで、ただゆるゆる~っと見ているだけでも知らぬ間にけっこうお勉強になる、NHK語学番組のお話でした。


*ちりちゃんの”おと基礎”(『おとなの基礎英語』)と、
アッキーの”ジョブ基礎”(『しごとの基礎英語』)も
面白いので大好きです♪
 
 
 

コメント

人気の投稿