ミハイロフスキー劇場バレエ(ゲスト吉田都)を見に行きました

東京国際フォーラムのホールA入り口にある
4DanishCafeでランチ
海老とアボカドのサンドイッチとミネストローネのセット
そしてマグにたっぷりのミルクティー
美味しかったです♪ 890円

今年の正月はひとり暮らしでしたので、正月らしいことは何~んにもせず、1月2日に思い立って都内と横浜の劇場プログラムを物色し、バレエのチケットを1枚手に入れ、1月3日は丸の内まで出かけてきました。東京国際フォーラムのホールAに、ロシアのミハイロフスキー劇場バレエの来日公演を見に行きました。(公式HPはこちら→http://www.leningrad-ballet.jp/

3日4日のプログラムは新春スペシャルガラということで、ゲストに吉田都さんが登場するというものでした。座席を調べてみると、一番お安いD席にまだ若干空きがありましたので、さっそくインターネット経由でチケットを1枚確保して、セブンイレブンで発券して行きました。コンビニで手配できるのは便利ですよね~。

開場してから座席に行く途中で見た
駅伝応援の人々

当日は小田急線と千代田線を乗り継いで二重橋前駅まで出ました。出口1で地上に出ると歩道にはものすごい人人人!なんじゃこりゃ?!あ~!駅伝か~。思わず差し出された応援の旗をもらいそうになってしまいました(笑)。写真は国際フォーラムのホールAの3階辺りから撮ったものです。この少し後で、ランナーの姿も見えました。けっこう盛り上がっていたみたい。

2度目の25分休憩の時には
カフェコーナーでスパークリングワインをいただきました
600円

バレエの方はというと、当日券も出てまして。満席ではなかったです。2階席は閉じていたみたいだったし。まぁ、ガラ公演ですからね~。全幕ものの時にはきっと、沢山の方がお見えになるのではないでしょうか。

とは言うものの、ガラ公演は美味しいとこ取りなので、気軽に楽しむには持ってこいです(笑)。第1幕はクルミ割り人形、第2幕は白鳥の湖、第3幕はライモンダというラインナップでした。もうどれもこれもうっとり。都さんが登場したのは第3幕のライモンダ。どれもみんな良かったけれど、さすがに第3幕目の盛り上がりはすごかったです。あ~、また見に行きたい。って、終わった直後から思ってしまいます。

私の席は1階席46列75番というところで、舞台に向かって右よりのところ。まぁだいぶ後ろの方でしたけど、休憩時間にトイレに行くのには1番乗りできて便利でした(笑)。あとは、45列より前が価格帯が違ったのかどなたも座っておらず、背の低い私にとっては、前の人の頭を気にせずに観賞できたのはありがたかったです。ダンサーの顔の表情までは見えないけど、舞台の全体はよ~く見えたので、充分に楽しめました。でも、次回は観劇用の小さいオペラグラスを持っていこう!

プログラムは2千円で、それも買ってきました。そこに書かれていたことで面白いなと思ったのは、クルミ割り人形のエピソード。クルミ割り人形ってクリスマスの演目として定番ですけど、ロシア正教では旧暦を使っていて、1月7日頃がクリスマスの時期なのだそうです。だから、ロシアのバレエ団にとっては、1月3日のクルミ割り人形は違和感ないらしい・・・のです。実際、3幕のうち、第1幕にやったクルミ割り人形が一番上演時間が長かったです。かわいかったな~。

あ、そうそう。バレエの中に登場する、道化の役どころが私はけっこう好きだったりもします。今回もすごく面白かったです(笑)。去年は写真展ばかりでしたけど、今年はもう1~2回くらいは、コンサートかバレエに足を運びたいな~。やっぱり劇場の華やかな雰囲気に身を置くのはとても好きです。


コメント

人気の投稿