ビーフンを作る

中華風のものを、洋皿に盛り付けるのはけっこう好き
(と言いつつ、盛り付けの詰めの甘さが露呈しております・・・)

長年ブログにあれこれ書いてて、いったいこれは誰が読んでくれているのかも分からないし(そういう主旨のアンケートを取っている人もいたな~)、何のためにやっているのかも分からないのだけど(ま、基本、自分の趣味ですが・・・)、時々、過去の自分の書いたものが、自分自身の役に立つってことがあったりします。

それはどんな時か?

それはご飯の支度に行き詰った時。今日(すでに昨日)みたいに雪が降って寒くって、自分でいったい何を食べたいのか分からない~・・・なんて時、ふとブログのアクセス解析に出てきた過去の記事を見てみると、「あ~、こんなものを作って食べていたんだっけ・・・。」とか「あ~、これ、美味しかったよね~。最近そういや食べてないな~。」とか、あれこれ思い出したりするものです。それで材料が手元にあれば、そういうものをもう一度作ってみたりして。

乾燥ビーフンを2玉もいっぺんに食べてしまいました
湯で戻してから使います

この日のビーフンもそのパターン。『イギリスでビーフンを作って食べる』(http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2011/08/blog-post_02.html)という記事からヒントを得ました。

ライスヌードルは好きでお昼によく食べるので、いつも欠かさず常備しているのです。それに毎週必ずもやしも買うし、今回はトン汁でも作ろうと思って取っておいた小分けの豚肉なんかもあったりして、こりゃ~もう、ビーフンを作るのにバッチリです♪

そして、あんなに「何食べていいか分からな~い!」状態がMAXだったのに、ビーフンを作り始めてどのお皿に盛りつけようとか考え出すと、今度はワカメスープまで作ろうってな意欲が湧いてくるのですから不・思・議。過去の自分よありがとう!という気分。あ~、美味しかった (笑)!

ついでにですね、ワカメスープもビーフンも生姜を利かせて作りましたので、食事の後は体の中からポカポカです。ちなみに生姜は、火を通すと体を温める効果、生のままだと冷やす効果があると言われています。だから「冷えの解消のため」なんて目的の人は、冬は加熱するのがポイントよん。

というわけで、本当に感謝するのはむしろこちら → 過去の記事を読んでくださっている皆さま、どうもありがとうございます^^

コメント

lce2 さんの投稿…
うんうん、生姜、いい仕事します。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんばんは~
そちらでも生姜を食べるのですね~^^

人気の投稿