今週のなっちゃん(55)猫はホントに気まぐれか?

ぽかぽか日向ぼっこ中~♪

最近ではペットOKの賃貸住宅なども多いと聞きますが、結婚してから家を買うまでの期間、わが家では引越しも多かったのでペットはNGでした。それまで飼っていた猫も実家に置いて嫁ぎましたので、家を手に入れたら絶対に猫(か犬)を飼いたい~と思っていたわけです。犬にならなかったのは、猫が先にわが家に「来た」から。別にこれから犬も来たって嬉しいんですけど。ま、今は猫が一匹わが家に居ります。

一般に、猫は「素っ気ない」とか、「気まぐれ」とか、「情に薄い」ように思われていますが、実際に一緒に暮らしてみれば、そういう印象は単に街角ですれ違う猫たちに、人間が無責任につかの間の愛想を求めた結果の印象に過ぎないと分かるでしょう。人間同士だって、よく知りもしない相手には普通、はじめは素っ気なくなってしまうものですよね?また、親しい間柄の人に対しても、終始べたべたなんてしませんし。猫だって同じです。

あったか~い!

では、私にとっての猫はどんな印象の生きものかと申しますと・・・まず「愛情深く」、「感情表現が豊か」で、決して気まぐれなどではなく、案外「規則正しく」生活していて、でも人間の気まぐれで不規則な生活にも「寛容で我慢強く」つきあってくれる・・・そんな存在。つまり、精神的には対等です。(あるいは、それ以上?!)

「あいうえお」という言葉を使っての会話は成立しないけど、ボディランゲージとでもいいますか、お互いの心の交流みたいなものはあるわけで、もーりーさんという「人間のパートナー」がいろいろの用事で不在の時も、なつこさんという「猫のパートナー」が居てくれるので、独りで淋しいというような孤独の感覚はあまりありません。非常にありがたい存在です。

そしてついつい、「あんたはなんでそんなに可愛いの~~~~~!」と、ムギュムギュしてしまいたくなるほど、無条件で愛情を注ぎたくなる存在です。そういう対象ってすごく貴重。たとえ壁紙や障子をボロボロにされても(笑)。

こういう対象は、別に猫でなくてもかまいません。花だっていいし、趣味の道具(たとえばカメラとか)、趣味の活動(お洒落とか料理とか)、人によっては仕事って人もいるかも。それだって同じことです。人は愛を放射しているとどんどん輝いてくるものです。だから、自分が愛情を注げる対象を何であれ見つけることが出来た人は、ただそれだけで幸せです。

コメント

lce2 さんの投稿…
やってる、やってる、ひたなぼっこ。
へー。猫ってそういうもんなんですか。
飼い主1年生なんで何にも知りません。(爆)
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんばんは~
こちらも日向ぼっこしてますよ~^^

ワンちゃんみたいに猫はいわゆる”しつけ”ができないので、
それで気まぐれとかって言われるのかなと思うのですが、
好奇心のお年頃を過ぎるとけっこう大人しい気がします(笑)。

人気の投稿