NHK Eテレ『俳句王国がゆく』公開収録

往復はがきで応募して当った、公開収録の入場券

前々から時々話題にしているのでお気づきの方も多いと思うけど、私はNHKの番組が好きです。それで、NHKさんからはメルマガもあれこれいただいてまして。それによって過去にも何回か楽しい思いをさせて頂いております。例えば昨年だと、菱田春草展の特別鑑賞会の招待状をいただいたり・・・。何年か前には、『きょうの料理』の料理教室に参加させて頂いたり。

で、今回は、初めて公開収録を観覧してまいりました。南足柄市の文化会館で行われた『俳句王国がゆく』という番組です。実はわたし、隠れ俳句ファンなのです(笑)。まだ自分で作るところまではいかないのですが、なんとなく毎週『NHK俳句』とか『俳句さくさく』とかの番組を、録画してまで見ております(笑)。この『俳句王国がゆく』も過去に何度か見たことがあり、メルマガで観覧希望者募集のお知らせを見てすぐに、往復はがきで応募しました。

開演前の舞台の様子
(始まってからはもちろん撮影禁止)

実際の開演は午後1時半からだったのですが、11時から座席指定券の配布があり、11時を目指して出かけました。・・・が、時刻ちょうどに着いたらすでに長蛇の列!驚きました。それでもアルファベットの I 列という席をゲットでき、出演者さんのお顔もよく見えました。テレビカメラの据えられていた場所のちょうどまん前でした!間近でテレビカメラを見るのも初めてで、もーりーさんと「わ~!レンズがでかい~!」と驚きました。

そんな位置の席でしたので、NHKの番組制作のスタッフさんからは、「途中で休憩がありませんので、こちらのお席の方は、途中でお手洗いに立たれる時は身をかがめて移動してください。画面に後頭部が映ってしまいますので・・・」なんて事前注意もあったりして(笑)。あとは、NHK推奨の拍手の仕方なんてのも教わりまして。「海老の天ぷらを揚げるときのように」という表現が面白かったです。(細かくぱちぱちぱちぱち~とやります。)

番組の趣旨としましては、収録の行われる土地にまつわるお題で俳句を作り、地元チームと俳句王国チームが対戦するというもの。判定は事前に配られる紅白うちわで観覧者たちが行い、色の多くあがったほうが勝ち星をゲットするという方法。地元からの観覧者が多いのかと思いきや、案外そうでもないらしく、やはりそこはゲスト目当ての遠方・県外からの観覧者もいたようです。

主宰する自治体としても、全国放送で自分達の地域をアピールできる絶好の機会でもある様子。南足柄市について今まで知らなかったこともたくさん知ることができ、とても楽しかったです。収録番組の放送予定日は2月15日(日)の午後3時からです。(こんな番組よ~→http://www.nhk.or.jp/haiku/

あと、放送はされないそうですが、収録後にU字工事さんの漫才を見ることもできました。それもとっても面白かったです。ネタに勢いがあるっていうのがよく分かりました。生でお笑いを見たのは初めてでしたが(落語以外で・・・)、こういうのも楽しいなと思いました。

大雄山駅前の焼き鳥屋さん「沼吉」の
唐揚げランチ650円は大ボリューム!

座席指定券を受け取った後は、開演時間までだいぶ間があったので、最寄の大雄山駅付近でお昼ご飯を食べました。沼吉さんという居酒屋(焼き鳥)さんのランチがお安そうだったので、そこに行ってみましたよ。650円でこのボリューム。から揚げ定食に唐揚げ7個も付いています!(唐揚げ、山賊揚げ、チューリップの3種。)

風邪引き後、あまり食事の量を食べられなくなってしまっているので、唐揚げとご飯をそれぞれ半分、もーりーさんにもらってもらいました。それでもお腹いっぱいで、夕飯時間の夜9時近くまで、おやつ無しで持ちました(笑)。さすが居酒屋さんランチ!胡椒も効いてて美味しかったです。プラス220円の、食後の珈琲も美味しかったです。焼き鳥屋さんだからか鶏肉のメニューが多く、もーりーさんはチキン南蛮定食を注文しました。そちらもひと口もらいましたが、とても美味しかったです!山小屋風のお店もいい雰囲気でした。


コメント

人気の投稿