エキゾチックな香りのSABONのハンドクリーム

相変わらずゴールドカラー使いのパッケージデザインに弱い私

超~久しぶりにこのカテゴリの話題です。バス&ボディ。つまりはスキンケア。今回のアイテムはハンドクリームです。ハンドクリームはなんだかんだで、海外のお土産でいただいたりすることもあるし、自分で買ってきてあったものを小出しに使ったりしておりました。今までのお気に入りはロクシタンのラベンダーのや、クラブツリー&イブリンのハンドセラピーコレクションのもの。それが、今シーズンいよいよ在庫もつきまして・・・。新しいのを何か買わないと・・・と。それで昨年末に購入し、現在気に入っているのが写真のものです。

こちらお店の商品は以前アウトレットの特設店舗で、アボカドオイル入りのボディローションを試させてもらって、伸びがよくて良いな~と思っていました。その時は買わなかったのですが、いつかお店をのぞいてみたいと思っていて、昨年末に用事で銀座に出かけた時に、思い出して立ち寄ってみました。クリスマス前の時期の夕方に行ってしまったものだから、こじんまりした店内には人がいっぱい。ギフトに喜ばれそうな、品の良い商品ですものね。この日の私自身も、自分宛のプレゼントのような気持ちでお店を訪れました。

ワンプッシュで両手の肘辺りまでまかなえます
伸びが良いハンドクリーム

クリスマス前の混んだ中でも、欲しい品物をハッキリ店員さんに告げましたら、大変丁寧に接客してくださいました。製品ごとの特徴を教えていただいたり、香りを試させてもらったり。そして選んだのがパチュリとラベンダーとバニラで香り付けされたハンドクリーム。シアバターとアロエヴェラが使われており、ボディローションよりはややこってりめですが、それでもかなりゆるめで、スーッと大変伸びの良いハンドクリームです。(スーッとっていうのは清涼感ではなくて、伸びの表現の方です。。。)

精油の香りを思い出しますと、パチュリはけっこう重めの香りですし、バニラも甘さの強い印象ですが、その二つにラベンダーが合わさると、軽やかさや爽やかさがプラスされるようで、エキゾチックな深みのある個性的な香りを作り出していました。このパチュリ・ラベンダー・バニラの組み合わせが伝統的な香りなのだと、店員さんが教えてくれましたよ。

ハンドクリームはたっぷりサイズで、プラスチックのポンプ式のボトルに入ったものと、チューブタイプの2種類がありましたが、キッチンでの洗い物の後などに使いたいと思い、ボトルのものを購入しました。

お値段は2500円とハンドクリームにしてはお高めですが、容量が多いので1年中使うと考えれば、まぁ、手が出ない価格ではないかなと判断。本当はアボカドオイル入りのボディローションにも興味がありましたが、そちらはもう少し大きいガラス製のボトル入りでお値段も3700円でしたので、お買い物の後に夜遅くまで用事&出費の予定があったため、その日は重さと予算を考慮してハンドクリームを買うことにしました。

キッチンに置きたいと書きましたが、パチュリ・ラベンダー・バニラの組み合わせは香りは強めで残り香もあるので、実際にはお料理の前には使わない方が懸命だとは思います。ボトルに入っている分には香りは外には感じませんが・・・。私は洗い物の後や、外出前に使っています。外出前も香水などと香りがぶつかる可能性もあるので、お気に入りの香りがある方は、あらかじめそういうのも相談してみるといいかもしれません。

ちなみに皮手袋にも香りは移ります。私は好きな香りのものを使っているので使うたびに「いい香り~」とウットリしつつ、香水の始まりはたしか皮手袋に香りを浸み込ませた物だったんだよな~なんて、大昔に想いをはせて楽しんでいます。


コメント

人気の投稿