わが家の庭から(71)八重咲きチューリップ「マウントタコマ」と「アンジェリケ」

 
毎年チューリップを3種類くらいずつ植えています。だいたいが、赤・白・その他の色・・・となるように選んでいます。もしくは、咲く時期が分かっているようなものの場合は、4月上旬・中旬・5月というように、順番に咲くように選びます。
 
球根の植え付けは地域にもよりますが9月~12月くらいまでと言われているので、わが家では毎年だいたい10月過ぎくらいから選び始め、11月頃に植付けをしています。チューリップは寒い時期を経過して花が咲くという性質だそうで、寒くなる前にしっかりと植えつけておく必要があるのだとか。
 
 
今年のは咲く順番は分からなかったのですが、赤=スプレー咲きチューリップ「アバ」(八重っぽくもある)、白=八重咲きチューリップ「マウントタコマ」、その他=ピンク色の八重咲きチューリップ「アンジェリケ」という3種を植えました。咲く順番も名前を挙げた順でした。(マウントタコマとアンジェリケはほとんど同時でしたが・・・)
 
最初にご紹介するのは白いチューリップのマウントタコマ。昨年のノルマンディーに似てますね。ノルマンディーは白地に薄紫色のラインが入るタイプでしたが、マウントタコマはグリーンのラインが入っています。4月16日あたりに咲き始めました。蕾も大きく膨らんでいるので、次々と咲きそうで楽しみです。
 
 
と思っていましたら、翌日にはもうほとんどの花が咲いておりました。お天気のよい日が続いたからでしょうね。その前は雨続きだったので、せっかく蕾をつけていたスイセンのいくつかは、雨に濡れて蕾がダメになってしまったものもありました。チューリップが無事に咲いてくれてよかったです。
 
マウントタコマは思ったより背丈は低めで、ひとつひとつの花の大きさもやや小さめです。ほかの白い花々や、シルバーリーフ、斑入りのアイビーなどが並んでいるコーナーに植えています。
 
 
・・・と、この記事をもうすっかり書き終えて、予約投稿としてスケジュールしておいた翌々日。ふと庭に出てみると、マウントタコマにも紫色のラインが入ってきていました!グリーンだけじゃないのですね~。ますますノルマンディーに似ています。マウントタコマの方が紫の入り方が濃くてハッキリしているような気がします。


こちらのはピンクの八重咲きチューリップ、アンジェリケです。バラやシャクヤクのような色と雰囲気のチューリップ。思っていたよりも小柄なタイプみたい。もっと華やかでゴージャスかと思っていたら、とっても控えめで可憐。アンジェリケにも花びらにほんのりとグリーンのラインが入っています。


アンジェリケはわが家では4月17日に開花しました。ネメシアの後ろに植えてピンク色のコーナーを作っています。とっても素敵なチューリップなので、来シーズンはもう少し球根の数を増やして植えてみたいです。
 
ネメシアは多年草で毎年よく咲くおりこうさん。ちょうどアンジェリケとネメシアの開花のタイミングも揃ってくれて嬉しいです。
 
 
 こちらもこの記事をスケジュールした翌々日のアンジェリケの様子。かなり色が濃くなっていたので、あらためて写真をもう1枚撮りました。こうなると最初にイメージしていた通りのゴージャスな華やかさです。バラみたい。
 
 

コメント

人気の投稿