わが家の庭から(69)春の花いろいろ:チューリップ「アバ」、スイセン、イベリス、ムスカリ、クラブアップル


みなさま、週末はお花見を楽しまれましたでしょうか?
 
さて、いよいよわが家の庭も本格的に賑やかな季節になってまいりました。この週末にはチューリップの第一弾が開花。何を植えたのか品種のメモをしておかなかったので、名前が分かりません(汗)。
 
と思ったのですが・・・たしか球根を植えつけた時に記事にしていたはず!と思い出し、自分のブログでカンニング(笑)。スプレー咲きチューリップのアバというもののようです。スプレー咲き?!う~ん?今のところその兆候はございません(爆)。
 
でも、花びらの形がユニークで、色も真紅に近くてなかなかゴージャスです。 

 
こんな場所に植えてみました。背丈は思ったより低かったですが、ねらい通り色で目立っている様子。
 
この位置、キッチンの窓の近くなのですが、時々、道行く人々の会話が聞こえてきたりして、「かわいい~!」なんて声とともに足を止めてくれている人を見かけたりすると、とっても嬉しいのでありました。私の春の楽しみのひとつです。
 
チューリップの隣のチョコレート色の葉っぱはヒューケラ。手前の白い花はイベリスです。
 
 
イベリスを拡大するとこんな感じ。小さい花の寄せ合う姿とでもいうのでしょうかね。なかなか複雑な形をしています。これはコンテナに植えています。2年目か3年目の開花です。
 
 
こちらもコンテナに植えたもの。マウントフットという名のスイセンです。花が大きい!今のところ咲いているのはひとつだけ。周りのクローバーっぽい葉っぱは、勝手に生えてきたものです。
 
 
 
コンテナの後ろ側から顔をのぞかせて咲いている白いこのお花、名前を忘れてしまいました。キク科だろうなということは分かるのだけど・・・。昨年秋にいくつか花の苗を植えたのですが、その時のこと、書いてなかったんですよねぇ・・・。やっぱりブログの記事って、自分のためのメモ的役割が大きいです。
 
 
こちらはオブダムというスイセンです。これもかなりのボリューム。茎が細いので、頭は放っておくとほとんど地面に突っ伏しています^^; 他の茎に絡めて上を向かせてあげています。支柱が必要かも・・・。隣の黄色い花はウォールフラワーです。

 
ウォールフラワーの近くに植えたガーデンシクラメンも再び花を咲かせはじめました。これ、今シーズン新たに植えたもの。すでに分かりにくいとは思いますが、じつはこのシクラメン、花びらがフリルになっているタイプだったんです。少しだけ右の花には名残がありますね。
 
 
お次はウォーキングの時にたくさん目にするハナニラ。わが家にもございます。でも、なかなか増えないんだな~。これも増えると一斉に咲いてかわいいのですよね。何年もかかるのかもしれません。気長に楽しみに待ちましょう。
 

ムスカリも一気に咲き始めました。オーブリエチアと重なって、紫のグラデーションを作っています。
 
 
いいタイミングで両方が咲いてくれて、ちょっとしたお花畑状態になっています。どちらも小さい花なので、実際はほんとうにスモールスペースではありますが・・・。
 
手前のムスカリの後ろのスペース、ここに何か球根が植わっているのでは・・・?と思っていたので、この春は何も植えずじまいでしたが、どうやら球根さえなさそうです。そのうち何か植えてみましょう。くり返し咲くものがいいですね。何色がいいかな~。
 
あ、でも、夏にはまた野菜のスペースになるのかも?!
 

ムスカリをヒヤシンス側から見るとこんな雰囲気です。紫色と濃いピンクの相性もいいですね。放っておいてもくり返し咲いてくれる球根は本当に、ものぐさガーデナーの庭には欠かせない存在です(笑)。ありがたい!


あやうく見逃すところでした。こんな壁際に縮こまった姿で、クラブアップルの花も咲き始めておりました。この位置、壁が太陽の熱を貯めて暖かいのでしょうかね?面白い位置から咲き始めたものです。

 
 
まだまだ小さな木ですが、たくさん蕾をつけてくれています。これ全部が花開いても、実になるのはほんのほんのわずか。

・・・というよりも、昨年は色づくところまでいったのはたったひとつだけでした。今年はいくつなるかな~。とても楽しみです。



(Pentax Optio S4i にて撮影。10年以上前のコンデジ~。まだ使える。)

コメント

人気の投稿