ウォーキング日記(6)

 
4月12日(日)はいつものウォーキングコースに、もーりーさんと一緒に、カメラを持って出かけました。
 
 
ルートはいつものスタバ経由のコースにプラス・アルファという感じで、途中の休憩も含み、所要時間は四時間でした。朝10時ごろに自宅を出て、帰宅したのが午後2時です。
 
・・・というわけで、今回の記事は長いです。文章は短めにしようと思いますが・・・。お時間あります方、どんな散歩道か気になる~という方だけ、どうぞご覧くださいませ。いろいろな出会いのあったウォーキングでした。
 
Photo by Kazuya Moriyama
 さてさて。
 
まず最初の出会いはかわいい二人組み。「こんにちは!」という元気な声に振り向くと、虫取り網を手にした小さな男の子の姿が。お姉ちゃんと二人、自転車に乗って遊びに来ていた様子。
 
Photo by Kazuya Moriyama
 
そして、大きな木の上にはコサギの姿を発見。先日、黒いカワウと見たのとほぼ同じ場所です。二人とも300mmまでのズームレンズを用意して行きました。
 
 
高く飛び立った姿も見ることができました。羽を両方に広げると、けっこうな大きさになりますね~。
 
細い脚をピシーッと揃えて飛ぶ姿は美しいです。
 

桜の木の上でチュンチュンと鳴いているのはスズメ。

桜の枝の上を飛び回っていました。

細い枝の上で尾をそらせてバランスをとる姿はかわいいですね。

川の中にはスズメよりもう少し大きな鳥の姿も。水浴びをしているように見えたのだけど、餌を捕まえているのかな?かなり遠目からだったのでその時はなんの鳥か分かりませんでしたが、調べてみるとカワラヒワという鳥のようです。羽に鮮やかな黄色いラインが入っています。

こちらはよく見かけるハクセキレイ。なかなかすばしっこいのです。
 
Photo by Kazuya Moriyama

カルガモもいました。水が澄んでいるので、泳ぐ時の足の様子がよく見えてかわいかったです。一羽しか写ってないけど、ツガイで仲良くスーイスイ。
 
Photo By Kazuya Moriyama

私の足元もカルガモと似たオレンジ色です(笑)。
 
 
右を向けば田畑が広がり、左を向けば小川が流れている・・・という場所です。
 
 
川の先の方でさっきのコサギに再会しました。シュッと飛び立っては、石の上にフワッと降り立ちます。
 
 
コサギは足の先が黄色いのが目印のようです。
 
Photo by Kazuya Moriyama
もーりーさん、いつの間にかコサギが魚を捕まえたところを撮影していました。くわえているお魚は何かな? 
 

カラスもいました。カラダの小さなツガイの小鳥に、カラスが追い立てられながら飛んでいる姿も見かけましたよ~。ツバメかなと思ったけど、もーりーの意見ではツバメとは別の鳥だったみたいです。親鳥は強いですね。
 

この日も及川球技場脇の遊歩道を通りました。休日はソフトボールの試合が行われていて活気があります。
 
 
球技場の敷地に植えられた桜の木には、ヒヨドリの姿が見られました。
Photo By Kazuya Moriyama
 
こちらは畑の脇に咲いていたアヤメ科の花。
4月の半ばに開花とは、早いですね~。

11時半にようやく中継点のスタバに到着~。前半だけでもたっぷり1時間半かかりました。もーりーさんはアイスコーヒー、私はカプチーノでしばし休憩。もちろんお手洗いもお借りします。
 
とまぁ、こんな感じでまだまだダラダラと続きます~^^;; どれ、後半も見てやろう・・・という方がいらっしゃいましたら、どうぞ「続きを読む」からご覧下さい。
 

 
休憩の後は、いつもの復路1時間コースを行くことにしました。ただし、歩くのは国道のいつもとは反対側の歩道。今まで真下を通っていた桜の木も、道の反対側から見るとこんなに大きくて立派でした。

反対側の歩道を歩いたのにはわけがあります。今回は今まで寄り道したことのなかった、山中城址公園へ行ってみました。

こちらは公園にあった見事なしだれ桜の木。本当は田んぼの方へ降りて振り返ると、お城のあった場所の様子がよく分かったみたいです。次回は降りてみよう!
 
石碑が建てられていました。
 
 
この小さな鳥居が、お城の鬼門に建てられたという稲荷神社のようです。
 
 
こんな案内板もありました。
 
 
再び国道をいつもの歩道側へ渡り、荻野川沿いの遊歩道へ降りました。橋を渡ろうと、橋の欄干とフェンスの隙間を何気なくのぞくと・・・・・
 
目の前をなっちゃん(飼い猫)の半分くらいの大きさの毛むくじゃらなものが動いています!!わ~~~~!これってもしかしてイタチじゃない?!
 
Photo By Kazuya Moriyama
この時、ワタクシはタイミング悪く標準レンズをつけていたもので、望遠をつけていたもーりーさんに声をかけ、どんどん離れていってしまうイタチの姿を写真に収めてもらいました。やった!ちゃんと顔が写ってる♪ かわいい~♪
 
実は厚木でイタチを見るのは2回目。小学生のころ母と通学路だった田んぼのあぜ道を歩いていた時に、ひょっこり穴から顔を出したイタチを見たことがあるのです。野鳥も嬉しいけど、こういう小動物の姿を見ると、ものすご~く嬉しい。なかなか見られるチャンスはないですからね。
 

川では再びカルガモにも出会いました。さっきのとはだいぶ距離のある場所なので別のカルガモさんだとは思うのですが。こちらもツガイで泳いでました。
 
Photo by Kazuya Moriyama
 
広町公園に到着~。
 

途中のコンビニで買ったおにぎりでランチタイム。
公園の池のそばにベンチがあります。



湧き水を引き込んだ池があります。
 
水辺にはたくさんの植物が生えています。黄色い花にイガイガっぽいのがついているものを発見。調べてみると、ケキツネノボタンというらしいです。
 
Photo by Kazuya Moriyama
 
もーりーさん、水面に写った桜の枝に、散り集まった花びらを再び咲かせてみたようです。う~ん、グッド・アイデア!
 
 
公園にもウォーキングマップが設置されておりました。この遊歩道、健康の道っていうのですね。この地図で位置を確認し、橋二つ分だけいつもより先に進んでみることにしました。
 
 
荻野川には鯉もいます。赤や白の鯉も、川にいるものなんですかね・・・?

Photo by Kazuya Moriyama
 国道へ戻る、うとう坂の途中ではツクシの姿をまだ見ることが出来ました。「あ~、マクロレンズも持って来ればよかった!」ともーりーさん。何を撮っているのかと思ったら、ツクシの上に赤ちゃんバッタが乗っていたんですって。かわいい~!
 
Photo by Kazuya moriyama
 
今回のウォーキングコースの最後の立ち寄りスポットは鳶尾中央公園。古墳遺跡が公園として保存されているところで、ここも桜がきれいです。
 
ここにはメジロがいました。もーりーさんが撮影して、「シルエットになっちゃって失敗!」と言っていたものを、むりやりシャドーを持ち上げてなんとか見えるくらいにしてみましたよ~。器用に枝につかまっていますね。

見慣れた鳩も、なかなかいいもんです。
 

桜をバックに、こんな風に翼を広げてくれると見ごたえがありますね。
 
Photo by Kazuya Moriyama
 近くには芝桜とパンジーがゴージャスに植えられたこんな場所もありました。 
 カメラを持ったウォーキングも、とっても楽しかったです。
 
 
*とくに記載のないものは私の撮影したものです。
デジイチとケータイ写真が混ざってます。
 
 
 

コメント

人気の投稿