わが家の庭から(75)ホメリア、デルフィニウム、カモミール、オダマキ(茶×クリーム色)


本日は5月11日に撮影した庭の様子です。昨年の秋に植えた春咲き球根ものの中で、最後に咲いたお花はこちらのホメリア。もーりーさんセレクトです。ミックスと書かれていた球根セットを買ったのですが、黄色一色しか咲きませんでしたね~・・・。


ひょろろ~んと細長い葉と茎のお花で、壁際に植えたのですけど、すでにチューリップなども咲き終わり手前になんの花もないので、お日様めざしてググっと前のめりになっております。それぞれ勝手気ままな方を向いてるなぁ・・・(笑)。そのままにしていて来シーズンも咲くでしょうかね?


深いブルーが目に鮮やかなこちらのお花はデルフィニウム。

数年前に咲かせた大型のデルフィニウム、モーニング・ライト(パシフィック・ジャイアント系)とはまた違い、こちらは背丈のごく低いタイプ(シネンセ系)。開花苗がよく利用する園芸店にあったので、GW中にふたつ買ってきて植えました。

以前育てたデルフィニウムはこんなのでした→http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2013/06/blog-post_10.html


小ささが分かりますでしょうか?茎もすっごく細いです。でも色が鮮やかなので、後ろの方にひっそり植えたつもりでも、なかなか目立つ存在です。

デルフィニウムは本来は宿根草なのですが、日本の暑い夏は乗り越えられないことが多いようで、一年草扱いと言われる花です。毎年これがくり返し咲いてくれれば、本当に嬉しいのですけどねぇ。でも、まぁ、この小型のタイプのデルフィニウムは以前アカオで見て興味があったので、苗を見つけることが出来てよかったです。

アカオ・ハーブ&ローズガーデンで見たデルフィニウムの様子はこちらでどうぞ→ http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html


何度か試しても今までなかなかうまくいかなかったカモミールです。性懲りもなく、また苗を買ってきて植えてみました。種類はたしかジャーマンカモミールの方だったはず。

ハーブ=日当たり、乾燥気味のところで・・・というイメージがありますが、過去に我が家の庭の日当たり良好エリアの花壇では即効で消滅した・・・という経験があるので、今回は日当たりガンガンではないところに植えてみました。他の植物で影が出来る時間もあるような場所です。

それから、すでにいくつかの他のハーブが近くで成功しているエリアでもあります。ワイルドストロベリー、レモンバーベナ、キャットニップが近くにあります。どれも別々の科のハーブなので、競合することもないでしょう。また、カモミールはけっこう虫がつきやすい印象がありますけど、この場所はキャットニップのおかげかバラにも虫が寄り付かないので、ひょっとしたらカモミールにも同様の効果があるのではないかと・・・期待しているのです!

開花苗でしたが、植えた直後は咲いていた花をすべて刈り取っておきました。数日経って新しい茎が伸びてきて、再びいくつか花も咲かせたので、どうやら一応根付いたことは根付いたみたい。あとは、梅雨の時期の経過次第ですかね~。うまく育って、自前のカモミールティーが飲めるようになったら最高。楽しみにしながら育てよう!


オダマキは自分で苗を買ってきて植えたピンク色のものの他にもう一種類、棚ボタ的に入手したものがありまして。今年それがかわいらしい花を咲かせたのでとても喜んでいます。こちらの写真のものがそれ。


これ、カシワバアジサイの苗を買い求めた時に、根元に絡み付いて同じ鉢に入っていたのです。カシワバアジサイの苗はいくつか売られていたのですが、目ざとい私はこのオダマキに気がつきまして、この鉢を選んだというわけです。花はまだ咲いていませんでしたけどね。


でもなんとなく黙ったままいるのもなんなので、売主のおじさんにひと声かけてみたのです。「このカシワバアジサイの鉢、一緒にオダマキも植わってますけど、同じお値段でいいんですか?」って。するとそのおじさまはこともあろうに、「ん?なら100円まけてあげるよ。(ニヤニヤ)」
 
ナヌ~?!
 
というわけで、なぜか100円まけてもらって買ってきた、棚ボタ式カシワバアジサイ・オダマキ付なのでありました。そして、そのオマケのオダマキが咲いたのです♪ あ~、嬉しい!
 
ピンクのオダマキは今年盛大に開花したのですけれど、それはそれで嬉しいけれど、正直のところオダマキのかわいさって、こうして数の少ない花が独立して可憐に咲いている姿ではないかと感じています。(過去に見た私的”ベスト・オブ・オダマキ”の姿はこちら → http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2013/05/blog-post_743.html
 
なので、この茶色とクリーム色のオダマキの様子がよけいに愛らしく見える私です。
 
 
*盛大に咲いたピンクのオダマキの様子はこちら(笑)→http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2015/05/blog-post_7.html
 
 

 

コメント

人気の投稿