「ねぇ、戦争中にこれ、食べなかった?」


GWのある日のこと。
 
山梨県の小菅村へのドライブ途中に
休憩がてら立ち寄った渓流沿いにて。
 

母:「ねぇ、戦争中にこれ、食べなかった?」
 
父:「あぁ、食った、食った。食ったかもしれないな。」


私:「へぇ~、この草、食べられるんだ!」
 
父:「茹でて食うんだよ。うまくなんかないよ。
毒じゃなきゃ何でも食ったのさ。」
 
父77歳、母75歳。
 
東京生まれの戦争体験者の会話。
 
 
 

コメント

ふーぴー さんの投稿…
こんにちは!
すごくお元気そうなすてきなご両親ですね~^^。うちの親たちも戦争のころの話はするんですが、こんなに穏やかに若い人にも配慮しながら語ってくれないんです。それに父親と母親のそれぞれの家庭の食糧事情が違い過ぎて!(笑)父:「食べるものが何もなかったよな…」母:「あらそうなのー。私お腹すかしたことない。」父:(孤独)こんなパターンばかりで(笑)
Sana さんの投稿…
★ふーぴーさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。別になんの前触れもなくこういう会話が交わされています。たしかに、どこに暮らしていたのか、その時に何歳だったのか・・・などで、体験したことや感じたことなども変わってくるのでしょうね。とくに母は私が小さい時から、自分の子どもの頃の思い出のひとつとして、別に暗さもなく、よく話してくれました。

人気の投稿