カニ缶入りトマトクリームソースのタリアテッレ

昨年のカニ缶入りトマトクリームソースのタリアテッレ

う~ん、昨年も携帯でしか写真を撮っていなかったようです。昨日お話したカニ缶入りのトマトクリームソースのパスタのレシピをご紹介いたします。

これは本当にとっても簡単。そして、美味しい!(はず・・・)

まず、フライパンにニンニクオリーブオイルを熱するのですが、ニンニクは塊ではなく、少量をみじん切りにしたものを使います。細かくすると香りも味も強く出るので、使う量は少なめに。私は通常の4分の1量を使います。(昨年の画像のものでは丸ごと使っていますねぇ…。その場合はニンニクを包丁で叩いてつぶして、香りを出やすくしてから使います。)

また、オリーブオイルの量も3割減して、代わりにバターを10g程度加えます。そこにトマトの水煮缶(ダイス)を適量加え、オイルとなじませながら少々煮詰めます。トマトは二人分で大匙3~5杯くらいでしょうか。茹でるパスタの量に合わせて調整します。あれば、ここで白ワインも加えると香りが良くなります。

(☆わが家の基本のパスタソース作りの分量は、ひとり分ならオリーブオイル大匙1、ニンニク半片をベースにしています。)

ここまで出来たらフライパンを弱火にかけつつ、隣でパスタを茹で始めます。カニ缶入りのトマトクリームソースにオススメなのは、きしめんタイプのタリアテッレ。メーカーによって異なりますが、茹で時間はだいたい8~11分程度でしょうか。もちろん湯には塩を加え、アルデンテにしてください。

パスタを茹ではじめましたら、トマトソースにカニ缶を加え、さらに生クリームも加えます。生クリームはお好みで大匙1~2杯でしょうか。白くなり過ぎないように色合いを見ながら加減します。また、ここからは火加減に要注意!あまり加熱しすぎぬように全体をやさしく混ぜ合わせ、ソースが温まったら火を止めます。それから粉チーズ(パルメザン)を好みで加えてもう一度混ぜ合わせ、味見をしてから塩、胡椒で整えます。

タリアテッレが茹で上がりましたら、ザルに揚げて水を切り、ソースに和えれば出来上がり。

味の決め手はバターとチーズと生クリーム。バターを加えることでトマトソースの酸味が和らぎ、生クリームとの混ざり具合がスムーズになるような気がします。また、最後にチーズを加えることでソースにとろみがつき、麺との絡みがよくなります。生クリームは植物性のホイップクリームや低脂肪のものでなく、使うのは少量ですから、可能でしたら脂肪分35%以上の濃厚なものを使うのをオススメいたします。

カニ缶はもちろん、汁ごと全部入れてしまってくださいね!お値段はピンきりですけども、高いものを買わなくても、ひと缶300円台のもので充分美味しくいただけます。

タリアテッレが手に入らぬようでしたら、もちろん普通のスパゲッティでも大丈夫。どうぞ作ってみてください ^^ 文中の太字を拾ってくだされば、必要な材料が揃います。


コメント

人気の投稿