夏の道具:簾


7月の連休は家の中のあれこれをして過ごしました。まず第一弾はベランダの日差し対策。

6月のうちに布製のタープを買っていたのですが、どうもそちらではわが家の窓には大きすぎて設置しにくい・・・ということが分かり、あらためて値段も安い簾を購入し、それを付けることにしました。幅175cm、長さ157cmというサイズのもの。

1枚千円もしませんので、数年ごと、あるいはひと夏ごとに買い替えもありなアイテムかな~と思っています。素材は天然の葦と綿の紐。こういうものだと買い替えのタイミングで処分するのも気が楽です。


集合住宅で生活していた時にも、玄関側の部屋の窓には外側に簾をつけていました。目隠しと日よけの両方を兼ねることが出来ます。

また今までの夏は、風のある日でも窓を開けていると熱風が入ってきちゃう・・・という感じでしたが、簾をしているとベランダの床の熱せられ方がだいぶ違うようで、日中でも木陰の風に近いような心地よいものとなりました。

室温計は31度などを示していても、体感温度がけっこう今までとは違うみたい・・・。目で見る涼しさのおかげもあるのでしょうか。





コメント

人気の投稿