ツバメ三姉妹


わが家の玄関前は2階の天井の高さまでの吹き抜けになっており、そこにツバメが巣を作っています。引越しした年からツバメは登場し、かれこれ4シーズン目を迎えました。彼らは1シーズンに2度の子育てをして行きます。3月に現れ、8月になる前には去っていきます。

どうも1回に5羽くらいずつ雛は育つようなので、5羽が8回で40羽(!)近くが巣立った計算です。文字にすると「そんなにたくさん?!」とあらためて驚きます。


雛は体が大きくなって巣が狭くなると、カラスよけに設置したラティスの上に移動し始めました。これは今回が初めての出来事。

まず最初に2羽がラティスへ移動し、そこでいく日かを過ごしました。その雛へも親ツバメはちゃんと餌をやっていたようです。そしていつしか先の2羽の姿は見えなくなり、残りの3羽がラティスの方へと降りてきました。3羽は仲良く並んでいます。ノドの部分の赤い色がオスの方が濃いそうで、先の2羽がオス、あとの3羽がメスではないかなと思っています。なので、ツバメ三姉妹。

毎年巣立ちの姿を見るのは嬉しくもあり、また、あぁ、ツバメはもう行っちゃうのか・・・と思うと、ちょっぴりさみしくもあります。玄関を出るとツバメがいる・・・というのは、なんとも楽しい日々なのでした。


コメント

chie さんのコメント…
えーー燕が~~?
いいないいなー。
自分ちで燕が子供を生んで育てるのを見れるなんて!
可愛いでしょう?一日中観察しちゃいそう。
毎年来るのはどうしてだろう。
そこで生まれた子がちゃんと帰って来るんだろうか。
最初は急に来て巣を作ったんですか?
Sanae さんの投稿…
★chieさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます。ツバメ、かわいいですよ~。猫も窓越しに興味津々にしているのが笑えます。最初の年は来ていることに全然気がつかなくて、GWの帰省から帰ってきたら玄関が鳥のフンだらけになっていて驚いたんです。で、上を見上げたら巣が出来てました。

何かで読んだ話だと、つばめは帰巣本能ってのがけっこうあるらしいのですが、本当にここから巣立ったのが子育てしに戻ってきているのかは調べようがないので分からないというのが実際のところです。観察の成果(?)としては、雛が生まれるとトンボがよく床に落ちているので、どうもトンボを餌にしているっぽいです。でか過ぎて食べられなかったのが落ちちゃってるのかもしれません。

人気の投稿