季節はずれを、ちょっとずつ・・・編んでいます


この間の冬から、ノロノロと1日4~5段くらいのペースで編んでいる編み物です。やらない日ももちろんあって、これがすぐ出来なくても困らないし、いつできるのでもかまわない・・・というものなのですが、編みたいな~って気分の時にサッと取り出して、編みたいだけ編んで飽きたらやめる・・・というのはけっこう楽しいです。

編んでいるのはラウンドマフラー。数年前の『すてきにハンドメイド』のテキストに載っていた、鹿の子編みのバリエーションのものです。表目と裏目を二目ずつ交互に編みます。3色を2クール編めば、ぐるりとねじって輪っかに出来るくらいの長さになるんじゃないかな~と思っています。


減らし目も模様編みもありませんから、途中で投げ出してしまっても編み方を忘れることもなく、またいつでも再開できます。飽きたら編み棒を芯にしてクルクル巻き取り、編みかけのものを入れておくカゴの引き出しにポイと放り込めばおしまい。このまま棚へ戻します。

今回のは簡単なくり返しのパターンなので編みながらテキストを見るということもありませんが、一応同じカゴの中に入れておくと安心です。こうしておけば間違って処分してしまうこともありませんから。(雑誌だと、うっかり「もう使わない」と思ったりして、資源ごみに出しちゃうこともありえるので・・・)

手触りをふわふわにしたくて、毛糸の太さよりもちょっと太めの針で編んでいます。冬服の襟元にぐるぐる巻いたら、色がカラフルに混ざって面白いかもしれないと、ノロノロながらも編み上がりが楽しみです。


コメント

Ziggy さんのコメント…
わかります、わかります!!  いちいち目の数を数えるのだと 一気にやってしまわないとどこで止めたかさえ忘れてしまったりして、またいちいち数え直さないといけなかったりしますが、シンプルなパターンだと気が向いた時にTV見ながらとかできますよね。 今こうやって コツコツやっておけば 寒くなって必要になった時に支えていいですね〜。
Sanae さんの投稿…
★Ziggyさん、おはようございます。
そうなんです。延々と同じ事をすれば良いというのは、案外いいものですよね(笑)。これを書いていてふと思い出したのですけど、キルトもこの調子でやれば、また作り始めても楽しめるかもしれません。Ziggyさんのブログからはかなり刺激を受けています♪

人気の投稿