育てて食べる(19)バジルとトマトのスパゲッティ

イタリアンパセリ(上)とバジル(下)
 
今年もイタリアンパセリとバジルを庭の花壇で栽培しております。・・・が、バジルは今回ミニトマトのコンパニオンプランツとして植えた1ヶ所だけでして、どうもイマイチ生育がよろしくありません。ミニトマトを守るのに気を奪われているんでしょうか?!
 
というよりも、なんというか、バジルは地植えにするとちとワイルドすぎてしまうような気がしてきました。葉が硬くなっちゃうのです。ま、環境に当然左右されるのでしょうけども・・・。硬くなる原因としては強すぎる直射日光だとか、水の不足だとかが挙げられるそうです。両方とも真夏のわが家の庭ではいかんともしがたいなぁ・・・。半日陰くらいのスペースに植える方が良かったりして?!イタリアンパセリの方も育ちすぎというくらいによく育ちまして。こちらもワイルド!
 
というわけで、いずれにしましても正直のところ、ど~も食欲をそそらないんですなぁ~。
 
しかし、せっかく育てているのだからせめて1回くらいは今年も食べてみましょうと、比較的きれいで柔らかそうなものを選んで摘んでみました。


バジルはペーストを作れるほどには摂れませんでしたので、ごろごろのトマトパスタにフレッシュのままちぎって混ぜ込んでみました。加熱はしません。出来上がったものに最後に加えます。


バジルは熱や水分でどんどん黒ずんで変色してしまうので、出来上がったら即食べましょう!ひとつだけ飾る用も用意しました。

やはり食べても葉のカタさが気になります。。。バジルはコンパニオンプランツとは別に、お料理に使いたい分はベランダでプランター栽培をした方が効率が良さそうです。来シーズンはそのようにしてみたいと思います。だって、ベランダガーデニングの頃の方がバジルは絶対にうまくいっていたんですもの!

ま、それにしたって日よけはしなくちゃならないでしょうねぇ・・・。マンションのベランダは軒が深くてよかったな~と今頃になって思います。今の家でも今年から簾をしているから、来シーズンはその辺りを活用できるように春先から計画してみようかな。

イタリアンパセリはパスタには使わなかったので、花瓶に挿しておいて、料理のたびに少しずつ使っています。


コメント

Ziggy さんのコメント…
なんて美味しそう!! 
トマトの赤に、バジルの緑、パスタの白と 本当にイタリアの色が鮮やか!
バジルは植えてあると便利なんですよね〜。 
でも確かに 私の経験からしても地植えにするよりプランターの方がいいのかな? 場所も移せるし。。。朝の時間の太陽だけで、あとは影になる場所がいいんでしょうね。 ここ、ベガスでは 灼熱の太陽がさんさんと長時間、という状態なので ほとんど影にならないと無理かも。。。ってことで、ポットに土植えされたのを買っては キッチンカウンターの上に置いておけば何週間も持たせるようにしています。
バジルはパスタはもちろん、サラダにも。。。パンのトッピングやサンドイッチにも、私も大好き!
Sanae さんの投稿…
★Ziggyさん、こちらにもコメントをありがとうございます。
なんだか派手なパスタになりました(笑)。モッツァレラチーズも欲しかったな~
そっか、たしかに、プランターだと場所を移動できるのも利点ですね!小さいコンテナだとすぐ水切れするとか思ってましたが、案外小さいもので複数育てたほうがいいのかも。
今日は曇っていていくぶん過ごしやすいのですが、夏は日陰の涼しさを本当に実感します。

人気の投稿