お土産ファイル:なんばん往来(福岡)

この夏の福岡土産は、さかえ屋さんのお菓子いろいろでした

結婚する前から、なにかと福岡県の美味しいお菓子をお土産に買ってきてくれたもーリーさん。スーパーGTを観に行った日に、車の中で飯塚市出身のM氏と話しながら、話題はお菓子のことになりました。

「そういえば飯塚って旨い菓子が多いよねぇ」ともーリーさん。それに対して「そういえばそうですね!」と返すM氏。

私は「へぇ~」と言いながら、苅田町と福岡市の行き来にいつも飯塚市を通っていたことを思い出し、「チロリアンとかチロルチョコとか?」と道路脇で見た看板を思い浮かべながら知ったかぶりをしてみました。するともーリーさんが、「それもそうだし、さかえ屋もたしか飯塚やろ」と。

「さかえ屋って知らないな~」と私。
「え?さかえ屋、知ってるやろ?なんばん往来、食ったことあるやろ?」ともーりー。
「なんばん往来?食べてないな~」と再び私。
「え~?!なんばん往来、食ってない?!」と驚くもーりー。

そして数日後、福岡帰省から戻ったもーりーさんが「ハイ、お土産」と私に手渡してくれたのは、SAKAEYAと書かれた紙袋。開けてみると、なんばん往来、なんばんバターカステラ、玉の子ブッセがそれぞれ入っておりました。

「さかえ屋のお菓子。やっぱり見たことない?そっか、食べてなかったんだ。それ、さなえさん全部食べていいから。」

一緒に食べようと言っても、僕は何度も食べているからいらないといって聞かないもーりーさん。それでも、玉の子ブッセの袋を開けて半分に割ってあげると、手を伸ばして美味しそうに食べました。これって、こっちでいうところのナボナに似てる~。玉の子ブッセの方が、いくぶんふんわりしているかな。バタークリームが懐かしくて美味しい。

バターカステラはその名のとおりバターが効いていて、いわゆるカステラよりもしっとりとしています。なんばん往来は袋があまりにかわいくて開けちゃうのがもったいないような気分になったけれども、開けてみるとチーズ蒸しパンを小さくしたような形のものが出てきました。底の部分だけ薄いパイ生地のようなものに包まれていて、中にラズベリーやブルーベリージャムが入っています。

どれも焼き菓子好きの私にはたまらない美味しさ!それぞれひとつずつ、珈琲、紅茶、緑茶と合わせて楽しみました。美味しかった~。暑さで疲れてきていたので、こういう甘いお菓子もいいですね。

もーりーさんはいつも車で帰省するので、「飯塚に寄ってきたの?」と聞くと、「いや、イオンで買うてきた」と。

なるほど、さかえ屋さんのHPを拝見すると、お店は九州全域にたくさんあります。それに、和洋折衷いろいろなお菓子がほかにもたくさんありそうです。そういえば、M氏はどらやきが好きだと言っていたけれど、ひょっとしてさかえ屋さんのどらやきをいつも思い浮かべているのかな。

九州、まだまだ知らない美味しいものがいっぱいです。どうもご馳走様でした。

《後日追記》
秋になり、もーリーさんの会社の後輩のM君(前述のM氏とは別の人)が九州から神奈川へ出張に来た時、なんと!なんばん往来のマロン味をお土産に持ってきてくれました~(≧▽≦)秋限定品!美味しかったで~す!そちらもご馳走さまでした。



コメント

人気の投稿