【うどん<蕎麦】になってしまった2015年の夏

この夏、唯一回だけのお昼の冷やしうどん

長年、蕎麦よりうどん派を自認していたワタクシなのに、今年の夏はなぜか冷やしうどんがま~ったく食卓に上りませんでした。この写真が唯一の冷やしうどん。

それも、9月に入ってから食べたもの。しかも、いったん寒くなった時期に「暖かいものでも食べたいね~」と言って買っておいたきしめんなのでありました。

ほんとうに、季節の変わり目というのは気まぐれですよねぇ。せっかく「肌寒い日が続くから、そろそろ何か暖かいものでも・・・」と思ったのに、その週に限ってめっちゃ暑い!…てなことになっちゃいました。う~む。

ま、正直のところ、すっかり涼しくなっちゃってからは薬味系野菜の使い道に少々困ってもいたので、暑くなったなら薬味の食べ収めだなと、久しぶりの冷やしうどんを作りましたよ。シソとミョウガがたっぷり。とっても美味しかったです。

ある晩に食べた蕎麦
小皿は板わさ(山口県のおいしいもの)

でね、いったいどうして、今までしょっちゅうお昼に食べていた冷やしうどんが今年は食卓にのぼらなくなっちゃったのか?…と言いますと、たぶんそれは、近所にやたらと安いおうどん屋さんができたからだと思うのです。

数年前は「この辺ってうどん屋ないよね~」と言いながら、家で作って食べていたんですけれども、某さぬきうどんのチェーン店さんが何店舗も市内に出来ましたし、ショッピングモールのフードコートに行ってみても、やっぱり似たようなうどん屋さんが必ず入っているのですよねぇ。

つまり、自分で作らなくても、うどんがいつでも気軽に食べられるようになったというか、ヘタすると外出した時に昼を安く上げたいと思うと、ついついうどんばっかり食べてる…なんてことになってきたわけです。それで、家で作らなくてもいいや…という意識になったのかも。

さて、この夏はすっかりうどんを食べなくなってしまった代わりに、今まであまり食べなかった蕎麦を好んで食べていました。乾麺などを常備しておいて、ササッと茹でて昼に夜にと…もう何回食べたか分からないくらい。

というわけで、【うどん<蕎麦】となってしまった、2015の夏なのでした。まぁ、いずれにしましても、「麺食い」であることには変わりませんけどね。





コメント

人気の投稿