カワセミとカイツブリ

 
シルバーウィークの真ん中の月曜日(9月21日)の午後は、もーりーさんと二人でカメラを持って、近場の緑地へ出かけてきました。広町公園の駐車場に車を停めて、公園内や周辺の遊歩道をお散歩。
 
車を降りて歩き始めるとすぐに、キラキラと碧い光を放ちながら飛ぶ鳥を発見。「あ!カワセミが飛んでいった!!戻ってこないかな~」けっこうな距離を飛んで、カワセミは田んぼの向こうの山の茂みへと消えて行きました。
 
 
2~3時間ばかり写真を撮りながら散策し、もう一度公園へ戻ってくると・・・「あっ!もりちゃん、見て!カワセミがいたよ!池のところ!」(ヒソヒソ声で)

この日はずっと35mmレンズで写真を撮っていたのですが、カワセミを見つけたので急いで105mmのマクロレンズにチェンジ。距離があるので105mmなんて気休めですけど、35mmよりは幾分マシ。・・・といいつつ、アップしているのはトリミングしたものです。


トリミング前の写真はこちら。
 
 
35mmで撮ったのはこちら。一応ね、ここにもカワセミは写っているのです。すぐ飛び去られちゃうかもしれないから、一応、レンズ交換前にも一枚は撮っておこうと。

 
ここから4枚はトリミングなし。もーりーさんが300mmのズームレンズで撮ったもの。まだ私達に気づいておらず、のんびりした動きをしています。かわいい~

 
くちばしの色の様子から、オスのカワセミのようですね。

 
気づかれてしまいまして、さらに遠くへ行っちゃった・・・。

 
「やっぱり600mmいるかな~。ニコンが200-500mmを出したから、それでもいいかもしれないんだけどな~」と、もーりーさん。
 
 
川にいたのはカイツブリ。これもとってもかわいいんですよねぇ。面白い目をしているの。そして、けっこう小さいのだけど、これで大人の鳥なのです。こちらももーりーさんが300mmズームで。
 
 
35mmで撮るとこんなん by わたし。
 
カイツブリは本当に小さい。カモの子供かと思うほど。時々ザブンと水にもぐって、ひょっこり全然別なところから顔を出すのも面白いです。
 
 
 

コメント

人気の投稿