駅弁と日本酒

 
駅弁のカテゴリを作っていなかったので【お弁当とお昼ごはん】に入れてしまったのだけれども、休日の晩ごはんのお話です。しかも、駅弁を食べたのだけれども、家で・・・という話。
 
さてさて。
 
食料品の買出しに行った日曜日の夜は、すぐに食べることの出来るお刺身やお寿司、お惣菜などを買ってきて、晩ごはんにビールやワインで一杯・・・ということも多いわが家です。遅い時間に行くとお惣菜コーナーは空っぽ・・・なんてことも多いお店なので、なるべく遅くとも7時台を目安に買い物に行きます。
 
お気に入りのお惣菜もいくつかあって、なんとなく買い物にもパターンができてきたりもしますが、先週末は珍しく、好きなお弁当を買って食べようということになりました。
 
そこで私が選んだのは福井県の駅弁。塩荘さんというメーカーのもので、パッケージには『若狭の秋物語』と書かれていました。入っていたのは炙った鱒の押し寿司と、焼いた鯖の押し寿司、それからきのこ(松茸!)や銀杏、山菜のちらし寿司。若狭とサバと言えば、厚木でB-1グランプリが開催された時に食べた、小浜焼き鯖ちらしが美味しかったな~という記憶もあり、あ~、もう一度食べたい!!と。
 
もともとバッテラや普通の鱒寿司も大好きなのですが、炙ったものや焼いたものをのせたこちらのお寿司は、香ばしさがプラスされてまた一味違った美味しさでした。ご飯がぎっしりで食べ応えもありますし、焼き鯖も分厚い!お値段は千円。・・・なのですが、実際は、夕方以降のお値引きタイムに買い物に行ったので、500円でいただいてきました♪ ラッキー!
 
さて、もうひとつタイトルに載せておりますのがお酒。お弁当の後ろに写っているのは月桂冠さんの出している『おちょこで日本酒(PONSHU)』、250円(←税抜きのスーパーマーケット価格)です。フタの部分がお猪口になっていて、酒器がなくとも飲める・・・というお弁当のお供にピッタリ!の日本酒です(笑)。日本酒を”練習したい”私にも、このちっちゃいサイズは嬉しいです。だって、もーりーさんは「僕は飲まない」って言うんですもの。ま、差し出したら、少しは飲んでおりましたけどね。
 
『おちょこで日本酒(PONSHU)』は、いつも利用しているスーパーマーケットにはピンクと黒の2種類が置いてありまして、2本とも買ってきたのですが、まずはピンクのお猪口が付いて純米と書かれたものから飲んでみましたよ~。常温でいただきました。フルーティなお酒で飲みやすいです。うん、美味しい。度数は10度ほど。小さなお猪口に2~3杯飲むくらいだとそれほど酔っ払わないし、、案外ビール1本とかよりも眠くならないものですね。後にも残らずいい感じ。お寿司との相性も良かったです。
 
月桂冠さんのホームページを拝見しますと、実際には白・ピンク・黒の3種類があるようです。白もどこかでみつけてぜひ試してみたいです。
 
このほか、一緒に買ったクルミ入りの白和えや、大根のサラダ、それから前日から作り置きしておいた根菜の煮物などをチョイ盛りしての晩ごはん。ままごとのような、ウキウキと楽しい夕べでした。
 
 

コメント

lce2 さんの投稿…
炙りは美味しいですよね。
シンクロしちゃった。(笑)
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
そちらの炙りも拝見してきましたよん♪
炙るだけで一味変わるのが面白いです。

人気の投稿