切り身ひとつで作る鯛ご飯

鯛の切り身ひとつで鯛めしを焚く
 
余ってしまって冷凍しておいた真鯛の切り身がひとつ。はて、どうしたものか・・・?湯豆腐にでもいれようか?
 
などと考えてみたけれど、切り身ひとつで大人二人が堪能したと満足するには炊き込みご飯がよいのではないかと思いつき、さっそく切り身を焼いてから、昆布と酒、醤油とともに、鯛めしを炊くことにしました。
 
真鯛の切り身を焼く間に、米(2合)を研いでザルにあげておきます。
 
切り身が焼きあがったら炊飯釜に米を入れ、酒大匙1、薄口醤油大匙2を加えてからいつも通りの水加減をしてざっと混ぜ、その上に適当な大きさの昆布を1枚のせ、さらに焼いた切り身をのせます。炊き時間はいつも通り。

炊き上がったら、いったん鯛と昆布を取り出す
 
こちらは炊き上がりの様子。切り身と昆布を取り出してから、炊き上がったごはんをふんわりと天地混ぜまして、フタをしてしばらく蒸らします。
 
炊き上がったごはんを蒸らしている間、まずは取り出しました昆布を細く切ります。(出汁専用のものではなく、火を通すと食べられる柔らかさになる昆布を使うと良いです。わが家では、今回は羅臼昆布を使いました。)
 
それから焼いた鯛の身から皮と骨を取り除き、身をほぐします。あまり細かくしすぎるとごはんに混ぜた時に存在感が薄れてしまうので、適当な大きさが残るように粗くほぐします。この時、ごはんの味見をしてみて塩気がたりないようでしたら、ほぐした鯛の身にほんの少し塩をまぶしておきます。

刻んだ昆布とほぐした鯛の身をもう一度ごはんに合わせたら鯛めしの完成!

細切りした昆布とほぐした鯛の身を炊飯器に戻し、全体を混ぜ合わせたら鯛ご飯のできあがり。切り身ひとつでも、なかなか贅沢な味わいを楽しめます。


コメント

lce2 さんの投稿…
そうか、この手があった!
今度やってみよっと♪
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
もしかして、ご自身の釣り上げた鯛で作るのでしょうか?
く~っ、贅沢~!!
切り身じゃない場合は見た目も豪華ですよね~。
その時は土鍋がおすすめです。おこげも美味しいし。
是非、作ってみて下さい♪

人気の投稿