きつねうどん

 
夏場はおうどんよりもお蕎麦の方が登場回数の多かった今年のわが家ですが、気温が低くなってまいりましたら、やっぱり暖かいおうどんが恋しくなります。それでさっそくきつねうどんを作りました。麺はマルちゃんの3袋入り。内訳は、もーりーさん2玉、私1玉です。(この日は帰りが遅いと分かっていたので、別々の時間に食べました。)
 
お揚げは2枚入りのものをそれぞれ半分に切って、出汁、酒、味醂、砂糖、醤油(薄口+濃口)で煮含めます。食事の時間よりもだいぶ早めに準備してしまって、実際に食べる時まで煮汁に浸しておきますと、しっかりと味がしみ込みます。麺つゆも自分で用意しますが、こちらは出汁と酒と塩に、味醂と薄口醤油が少々。
 
写真はもーりーさんが夜中に食べた晩ごはん。この丼におうどんが2玉入っております。特別大きいサイズじゃないと思ったのだけど、2玉入れても溢れることなく余裕があって驚きました。この丼も最近めっけたものです。Mr.MAXでの陶器市と書かれたワゴンで発見。1個500円でした。軽めなのも扱いやすくて気に入っています。たしか美濃焼だったかな。
 
もーりーさんは必ず、うどんには炊き込みご飯をつけて欲しいと言います。なので、この日も写真には写っていませんが、これにプラスしてかしわ飯も食べたのです。うどん2玉にかしわ飯じゃ食べすぎじゃないのかな~と思うけど、それがないともの足りないらしい。かしわご飯はもーりーさんの帰宅時間に合わせて炊きました。それで、数時間前におうどんを食べていた私も、ついつい夜中に一緒になって、炊き立てのかしわ飯を食べてしまいました。炊き立ては最高に美味しいですもんね!(笑)
 
それから、例の『おちょこで日本酒(PONSHU)』の黒も少々。超辛口・超淡麗と書かれたタイプ。私はキンキンに冷やしたものよりも少し室温になじませた方が辛さが和らいで香りも立ち、好みだな~と思いましたが、もーりーさんはキリっと冷やしてあったほうが辛さが際立って美味しいと言います。1本のお酒でも温度によって味わいが変わり、また好みも違ってくるものなのですね。
 
うどんにお酒というのは初めて試しましたが、これもなかなか良かったです。
 
 

コメント

lce2 さんの投稿…
うーん、凄い炭水化物・・・。(笑)
でも、気持ちはよーくわかります。(爆)
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは。
うどん&ごはんですからね~(笑)

人気の投稿