お昼のポトフと美味しいパンふたつ


煮込みものの美味しい季節になってまいりました。先日、自分用のお昼ご飯として、小さいお鍋に入るだけのポトフを作りました。写真は作った日のお昼ご飯に食べた半量のポトフです。キャベツ8分の1玉、たまねぎ半分、じゃがいも半分、にんじん4分の1、ソーセージ1本、トマト少々。水と白ワイン、塩コショウ、ハーブ類で煮込みます。残りは翌日の朝食に。

ポトフを作ろうと思いついたのは、手元にふたつのお店の美味しいパンがあったから。ひとつは新宿メトロ食堂街にある墨繪(すみのえ)さんのイチジクのパン(写真右)。もうひとつは鎌倉のKIBIYAベーカリーさんの山葡萄(カレンツ)とくるみのパン(写真左)。

イチジクの甘みや天然酵母パンの酸味が、アッサリとしたポトフを引き立ててくれて、なんとも贅沢なお昼ご飯となりました。

グラスの中身は、ちょっと冒険してフルーティーな日本酒を・・・。こちらも素敵な発見でした。


コメント

人気の投稿