わが家の庭から(92)秋バラとサフラン


春から数えて、いったい何回くらいこのバラは花をつけたんだろう・・・?と思うほど、ポツポツと咲き続けるマーガレット・メリル。まだ若い株なので一回にたくさんの花をつけるというわけでもないのだけれど。

今回は開花中に雨も降りそうもないし、キレイな形で咲いているのを見ることができて、とても嬉しいです。


ソフィーズ・パーペチュアルも同じように、ポツポツと控えめながら、咲き続けています。低い位置で咲いているので、こんなアングルの写真になってしまいました。


低い位置といえば、サフランもいよいよ咲き始めました。写真を午後に撮ったので、花がもう閉じかけています。ベロのように垂れ下がった赤いしべは、写真を撮ったあとに収穫しました。サフランはお料理のために育てているお花です。収穫したしべは乾かして保存し、ある程度の量になったらパエージャ(パエリア)の黄色の素として使います。

球根を一度植えつければ、そのまま植えっぱなしでな~んにもしなくても、きちんと毎年花が咲きます。ついでに年々、数も少しずつ殖えていくという優秀さです。


コメント

人気の投稿