日本酒メモ(5)奥の松 吟醸


初心者の日本酒メモ、第5回は福島県のお酒、奥の松の吟醸です。いつものスーパーマーケットのお酒売り場で、300ml入りのものを410円で買いました。他のお酒のずんぐりむっくりした300mlボトルよりも、スリムでシャープなデザインのボトル。売り場では【モンドセレクション金賞受賞】という札がつけられていました。奥の松のHPはこちら→ http://okunomatsu.co.jp/

さて、ややこしい日本酒の分類のおさらいです。吟醸というのは、純米酒ではなくて、10%以下の醸造アルコールを含んだお酒。

さらに、今回のこの奥の松の吟醸は、ラベル裏にけっこう詳しくいろいろと書かれておりまして親切。精米歩合が60%以下、日本酒度は+4、酸味は1.3だそうです。安達太良山の伏流水で仕込んだお酒とのことで、また、酵母も奥の松酵母と書かれておりました。飲み方につきましても、冷で美味しいように作られているとのことで、冷と常温が◎、ぬる燗が丸の表示でしたので、少しだけ冷やしていただいてみました。

私より先にもーりーさんが珍しく香りについて「フルーティーな感じ」と感想をひとこと。本当!ふわ~っと明るく華やかな香りがします。お米のフルーティーないい香り~。味わいもまろやか。酸味はほとんど感じず、やや辛口と言いつつもほんのりと甘みのある優しい飲み心地。余韻もあっていいですね。かなり好みです。美味しい。

どうも日本酒を飲むようになってから、お魚を食べることが多くなりまして・・・。今回もお刺身(まぐろ、かんぱち、たい、甘海老)やカレイの唐揚げ、秋鮭ときのこの蒸し物などと一緒にいただきました。お酒の優しくまろやかな味わい同様、淡白な味わいのお料理との相性が良いような気がしました。ふろふき大根や、タラの切り身の入った湯豆腐なんてのにも合いそう~。と言いつつ、これを書いている日の夕飯は、奥の松吟醸とおでんで一杯・・・の予定 ♪ もう仕込み済み。ワクワク。

1回の食事にもーりーさんはおちょこ1~2杯しか飲まないし、私も3~4杯までと決めているので、300mlのミニボトルでもけっこう長く楽しめます。このくらいならどうもほとんど酔わないので、あと片付けも心配もなし(笑)。ワインに置き換えたらグラス1杯ってところですもんね。

本当は、いつか飲み比べセットなども外食時に試したい気持ちもあるので、自分が日本酒をどのくらいの量までOKなのか知りたいな~ってのもあるんですけど、今はまだミニボトルでちびちびと試しているところ。毎週のお楽しみになってきました。


コメント

lce2 さんの投稿…
おやおや、すっかり日本酒通!(笑)
そろそろ、にごり酒はいかがかな?
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは~
憧れの日本酒ワールドの扉を開けちゃいましたよ!
にごり酒も気になります~。どんな食べ物に合うんだろうと…。
NHKの日本酒番組ではスイーツっぽいのと合わせてたり、
酒場放浪記の吉田類さんはトマトとイカの塩辛を和えたものに
「これにはやっぱりにごり酒」と言って美味しそうに飲んでました。
ちょいとこってり濃厚めの肴に合うのかな?
lce2 さんの投稿…
熱々の鍋を突っつきながら、キーンと冷やしたにごりを飲むのもいいですよ。
発泡系のにごりなら食前酒。シャンパンみたいでこれまた美味しい♪
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは~
鍋ならこれからのシーズンに良さそうですね!
ぜひ試してみます♪

人気の投稿