出汁を使わない煮物その2


ずいぶん前に出汁を使わない煮物としてかぼちゃの煮つけを取り上げたのですが、今回も同じような調理法の煮物です。さつまいもの醤油煮。

かぼちゃの時には水と砂糖だけで、終始火力は強めで煮ましたが、さつまいもの場合は水と薄口醤油のみで、火力は沸騰後は弱火にして煮ております。水の量はヒタヒタで、さつまいも1本ならお醤油の量は大さじ1くらいでしょうか。下準備としましては、皮ごと食べるのでよく洗うことと、輪切りにした後にあく抜きのため10分程度お水にさらしておけばOK。だいたい10~15分も煮れば良いように思いますが、切ったサイズにもよりますから、出来上がりは楊枝などを刺してたしかめてみてください。

このさつまいもの醤油煮は、幕内秀夫さんの『粗食のすすめ お弁当レシピ』という本で習いました。冷めても美味しいので、まさにお弁当のおかずにピッタリ。もちろん、普段のごはんの箸休めにも、ほんのりとした甘みが最高です。


関連エントリー:「出汁を使わない煮物と、自ら出汁の出るもの」
 
 
 

コメント

人気の投稿