巣ごもり卵のオニオンスープ


秋になって空気が乾燥してくると唇がカサカサし始めます。そうなると、そろそろ加湿器を用意したり、もちろんリップクリームをいつも手の届くところに置いておいたりするわけですが、もうひとつ意識的にしていることがあります。

それは、食事の時に味噌汁やスープなどの汁物を食べること。唇がカサカサしてくるということは、身体の中の水分が不足しているというサインだというのを中医学の先生の本で読んだことがあるのです。それで、秋になるといろいろなスープを作って食べています。

本日の写真のものは、ある日の朝食に食べた巣ごもり卵のオニオンスープ。たまねぎ入りのコンソメスープを作り、その中に卵をそぉっと落としたもの。たまねぎスライスを鳥の巣に見立てたスープです。

作り方は以下の通り;

  1. スープ用の鍋を用い、薄くスライスしたたまねぎと刻んだニンニクをバターで炒める。
  2. たまねぎがキツネ色になったら、水と洋風スープの素を加え、必要なら塩、胡椒などで味を調える。
  3. スープが沸騰してきたら火を弱め、静かに卵を割り入れる。
  4. 鍋の蓋をして火を止め、卵の表面が白くなるくらいまで蒸らす。(透明の蓋があると便利。)
  5. 盛りつける時は卵を崩さないようにお玉ですくって皿の中央におき、その廻りをたまねぎで囲むようにする。好みでパセリの刻んだものを彩りに散らす。

温泉卵のような黄身が、とっても美味しいですよ~♪


コメント

人気の投稿