カンパーニュを使ったサンドイッチ①ガッツリ系のファフィータサンド

 
お肉と野菜を炒めたものをトルティーヤ(とうもろこしの粉のクレープのようなもの)で巻いて食べるお料理がメキシコ料理にありまして、それをファフィータと言います。「言います」なんて書いていますが、現地で食べたことがあるわけではなくて、アメリカのメキシコ料理屋さんで食べた思い出があるというだけなのですが、それがけっこう美味しいのです。お肉の種類はいろいろ選べたような気がします。
 
また、同じくアメリカのサンドイッチにフィリーサンドというのもありまして、これもお肉とお野菜をいためたものをパンにはさんで食べるサンドイッチです。たっぷりのチーズがのっていて、パンはホットドッグ用のパンに似たものを使ったり、普通の食パンみたいなのだったり。珍しく、これに使うお肉は薄切りでした。
 
そんなのを思い出しながら、ある日のお昼ごはんにファフィータサンドを作ってみましたよ~。しゃぶしゃぶ用の豚の薄切り肉と、たまねぎ、ピーマンを炒めて、軽く温めたカンパーニュにはさんで食べました。残念ながらアボカドはなかったので省略。チーズはモッツァレラを使いました。それから味つけはチリソースでけっこうホットな味わいに。
 
炒め物をはさんでいるので、アルミホイルで包んで汁気が垂れないようにしましたよ。ボリューム満点のガッツリ系ファフィータサンド、とっても美味しかったです。

パンはヤマザキのカンパーニュです。カンパーニュとはいっても結構ソフトなので、サンドイッチにしても食べやすいです。気泡の大きいところはチーズでフタをします(笑)。
 
 
 

コメント

lce2 さんの投稿…
渡米した頃はファジータって読んでました。(笑)
沢山の野菜と炒めてあって美味しいですよね。
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは。
スペイン語のJ の発音は英語と違いますものね(笑)。
日本もハポンになるんでしたっけ?

人気の投稿