水炊きの準備


わが家では鍋というと水炊きのこと…になっております。私自身は水炊きは結婚するまで食べたことのないものでしたが、今やすっかりお気に入り。ひと冬にどのくらい水炊きを食べるかちょっと分からないくらいです。軽く10回は超えるかも…。

水炊きのスープの素も手に入れやすくなったので、肉団子や鶏肉の切り身などでも簡単に出来ますが、もーりーさんは水炊きの素を使う時でも骨付き肉が良いと言うので、結局ダシをとるのと変わりないやり方で早めの準備をすることになります。

というわけで、雨が降って気温のぐっと下がった火曜日は、午前中に土鍋を火にかけました。骨付き肉と一緒に市販のなんこつ団子も投入~。


骨付き肉を水やスープで火にかける時は、フタをせずに強火にして、出てきたアクや脂をせっせとすくいます。そうするとだんだん澄んだ鶏のスープになってきます。

肉に火が通り、アクも脂もあらかた取れたら、火を消して沸騰が収まるまでしばし待ちます。鍋のグツグツが収まりましたら、フタをして準備はおしまい。ここまでやっておけば、夕飯が何時でもすぐにお鍋が食べられますし、骨付き肉もホロホロの柔らかさです。

あとは食事の時にもう一度火にかけながら、他の具材を加えればOK!白菜、ネギ、春菊、豆腐、シラタキ、キノコ類などなどお好みで。

それから、薬味の柚子コショウもお忘れなく♪



コメント

人気の投稿