鍋のあとの雑炊


店で食べた鍋ならば〆の雑炊も絶対に欠かさないのだけれども、家で食べる時の鍋では、実は雑炊までたどりつけないことの方が多いです。その前におなかがいっぱいになっちゃう。

もーりーさんは鍋をおかずに普通に白ごはんをいっぱい食べちゃう人だからそもそも雑炊はいらない~って感じだし、私は私でお鍋の時はお酒(ビールや白ワイン、最近は日本酒)を飲みたい人なので、白ごはんは結局よそってもほとんど食べずにタッパー行きになったり。(おでんの時も同じ。)

しかし、水炊きのあとの雑炊の美味しさは格別なので、「食べない」わけでは決してありません。翌朝しっかり食べますよ~。そのために、鍋の日はごはんも少し多めに炊いておきます。ムフフ。食べるのは自分だけだから、もちろん前日タッパー行きになった残りごはんも使います。

んでもって、朝から雑炊を食べようって日は起きるのも楽しみです。コラーゲン(?)でプルプルになった鍋の出汁の残りを温めなおし、そこに冷飯と溶きたまご、ネギ、シメジを投入。味をみてから、香りづけに酒と薄口醤油を少々入れれば出来上がり。美味しい~!!

タブレットのカメラで写真を撮りブログ記事を書く日も増えてきた今日この頃ですが、こんな熱々雑炊を用意した日にゃ、愛用のデジイチを持ち出して湯気も収めたくなるというもの。ぐるぐるの渦巻きが撮れてゴキゲン。

湯気の写真は熱々の1発目2発目が勝負。カメラは調理する前に用意しておきます(笑)。


コメント

人気の投稿