投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

豚ヒレ肉のトマト煮こみ

イメージ
煮こみ料理を食べたいが、そんなに時間はかけてられない~なんて時には、ちょいとお高くなるけれど、ヒレ肉を使うと早く仕上がります。もともとが柔らかい部位なので、スネ肉などに比べると煮こみに必要な時間は雲泥の差。 今回は、たまたま豚ヒレ肉が半額セールだった時に、1本250円で買って冷凍しておいたものを使いました。(どのくらいの量を買ったのか・・・う~ん、200g以下でしょうねぇ、たぶん。) 作ったのは豚ヒレ肉のトマト煮こみです。夜9時過ぎに調理し始め、まぁ、10時前には食べ初めていたんではないでしょうか。20~30分しか煮込んでおりません。それでもお肉は硬くならずに美味しかったですよ~。 写真は翌日の朝ごはんの様子です。わさび菜のサラダと、新宿の墨絵さんの粒小麦のバゲットを合わせてみました。なかなかヘルシーっぽさを演出した組み合わせになりましたな ♪ (自己満足) ちなみに、煮こみを盛り付けてあるのは有田焼のそば猪口です。 こちらは、クスクス・バージョン。実は作った晩もクスクスとあわせて食べたのですが、翌日のお昼も。延々と同じものを食べているという・・・(笑)。   レシピが必要な方は「続きを読む」からどうぞ。分量は2人分目安で「適当」です~。あしからず。  

わさび菜とスモークサーモンのベーグルサンド

イメージ
ブルーベリーベーグルのサンドイッチ わさび菜とスモークサーモンをはさんであります わさび菜なるものを買いまして。さっそく食べてみました。 でも、よくよく考えてみたら、福岡県で暮らしていた時に、よく行っていた市場で買ったことがあるような気もしてきました。たしかピリッと辛味があって美味しかったという記憶。今回のわさび菜は茨城県の農家さんの栽培したもののようです。ワシワシっとした柔らかい葉がいかにも美味しそう。 スモークサーモンとあわせて、ベーグルサンドにしてみました。 ベーグルは冷凍保存しておいたものを、200℃に予熱したオーブンで3~4分加熱して使ってます。焼きたて熱々のベーグルにはさんでも、わさび菜はヘニャっとならないのもいいところ。それほど辛味は感じなかったな~と思ったら、なんと、加熱すると甘みが出るという記述も発見しました。暖かいベーグルにはさんだから辛味が減ったのでしょうかね?面白い。次回はぜひサラダで食べてみましょう。 見ためのよいお野菜ですから、人気が出そうですね。 美味しかったです。

公開講座受講記(4)'sugar'と「サトウ」はどうちがう

イメージ
2月25日(木)の午後は、茗荷谷へ日本語と英語の名詞に関する”発想の”比較のお話を聞きに行ってきました。この手の話題に興味のあります方は、「続きを読む」よりどうぞご覧下さい。

卵一個で作るカトルカール、ナッツとドライフルーツ入り

イメージ
卵一個で作るカトルカール 作り方は「続きを読む」からどうぞ ものすご~~~~~く久しぶりに、焼き菓子作りをしました。珍しくお菓子作りをしたってことは、粉の在庫があったってことですね(笑)。 小麦粉は日頃あまり使わないので、ケーキを作るには足りないよな~って量しか在庫がなけりゃ、作ろうって気にはなりません。最近まったくパンを焼いていないのも、強力粉を長いこと買っていないからです。「作るために材料を買おう」ではなくて、「材料があるな→では作ろう」・・・というのが、どうやら私のパターンのようです。(自己分析。) たしか以前にも同タイトルのエントリーがあったかも?と思い、探してみました。2011年に『卵一個で作るカトルカール』( http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2011/03/quatre-quarts.html )というのを書いています。今回もそれと同じもの。違うのは、使った砂糖の種類と、中身に今回は少し混ぜものをしたこと。それ以外は型も同じなら焼き加減も同じです。 今回の場合、卵は60gでしたので、その他の材料もそれに合わせて計量しました。薄力粉60g、きび砂糖60g、バター60gが基本の材料です。 ちなみに、きび砂糖を使うと焼き上がりの色が茶色っぽくなります。グラニュー糖の方が黄色がきれいに出ます。これはリンク先の写真と今回のを比べて見ると一目瞭然なんですが、どっちでなきゃダメという話ではなくて、家にあるものを使ったというだけのことです。 また、この分量なのにパウンド型は通常サイズを使っているので、出来上がりの形がビスコッティみたいになっております。もっと小さいサイズを使えば形よく仕上がるのですけどね。そう思いつつ、結局いつまで経っても買わないという・・・(^^; さて、話は材料に戻りまして。 今回はプラス、ナッツとドライフルーツを混ぜて焼きました。今回使ったナッツは、カシューナッツとアーモンドとクルミ、ドライフルーツはレーズンとクランベリーです。これらを混ぜたものを、トレイルミックスとして密閉瓶に保存してあるんです。おやつとして。それを適当な量取り分けて、しばらく赤ワインに浸しておいたものを使っています。生地に混ぜ込む前にそれぞれを細かく刻みました。 小さいサイズなので、写真の3切で普通

ドライフラワー

イメージ
花はたいていスーパーマーケットで食品の買出しのついでに買っているのだけれども、毎回気に入るのがあるというわけでもありません。お花屋さんみたいにたくさんあるわけではないので、買い物に行った時のタイミングで大方売切れてしまっている日もあるし、好みのものが今日はなかったな~って日もあるし。 それで、しばらくお花を買わずにいたら、花瓶の中のピンクのバラがいつのまにかドライフラワーになっておりました(笑)。吊るしておいたわけでもないのに。それだけ冬場は乾燥しているということですよね。驚きました。 でも、とってもきれいに形も色も残っているので、長かった茎を短くし、葉も整理してから、アンティークの小さな花瓶にさしかえてみましたよ~。うん、うん、かなり好きな雰囲気だわ、これ。 ついでに、まだまだ元気な葉っぱ系の花材も捨てちゃうのはしのびないので、少し下をカットして、それだけで活けて、次のお花を買ってくるまで保存することにしました。 わが家の切り花の楽しみ方は、「うなぎのたれ方式」というわけです(笑)。

日本酒メモ (10) アサビラキ

イメージ
ただの日記がおもしろいとか書いておいて、自分自身はすっかり書くことないな~なんて気分だったのですけれども、考えてみたら、日本酒メモを全然更新しておりませんでした。で、蔵出し。 さて、本日ご紹介いたしますのは、昨年の11月に小田急ハルクの地下の明治屋さんでみつけた、小さいサイズのアサビラキです。(ワタクシ、1合瓶専門。5寸瓶と言うらしいとさっき知りました。)脇には丸燗マークがありまして、この瓶のままお燗が出来るのだそうです。なのに冷で飲んでしまいましたが。 最初はこわごわ飲み、書き始めた日本酒メモですが、回を重ねること10回。これを飲みました時には無意識で、香りを嗅げば「あ~、いい匂い」、ひと口飲めば「あ~、美味しい」てなもんでございました。口に出した後、自分でいちいち驚いたりして。「え?私、今、何て言った?」って(笑)。アサビラキ、ひやおろしも美味しかったけど、普通酒も美味しいです。 何を一緒に食べながらこれを飲んだのかも思い出せませんが、まぁきっと、季節柄お鍋とかおでんとかだったのではないでしょうかね~。サッサと書けばよかったです。値段もすっかり忘れました。300円しなかったと思いますが。緑色の瓶というのもそこはかとなく懐かしい気分。この雰囲気、とても好きです。

丸の内のメキシコ料理

イメージ
  お友達に会うために丸の内へ。一緒にランチを食べました。 メキシコ料理を食べたいということで意見が一致して、TOKIAというビルの2階にあるMUCHOというお店に行きました。食べログで、何度もリピートしている人の好意的なクチコミを見たので。それに何よりコスパが良さそう!ということで。平日の昼なら千円くらいでいろいろ選べそうです。 お友達はタコスのセットを注文。お皿にはタコスが3つのっていましたが、3つとも違う具がはさんであったようです。それに追加もひとつ100円~と書いてあったような。たくさん食べたい人にもいいですね。 私はエンチラーダを注文。中身は牛挽肉で、チーズたっぷり。 これにサラダとスープとドリンクがついて、それぞれ千円。ドリンクもグラスにたっぷり。二人ともアイスティーを選びました。 ・・・と、言いつつ。 本当はビールも飲んじゃった。テカテというのにしてみましたよ~。写真はピンボケになってしまいましたが、美味しいビールでした。 食後のコーヒーは、国際フォーラムのところにある 4R DANISH CAFEに行きました。

今週のなっちゃん(81)ちょっとのスキに・・・

イメージ
パソコン机の扉を開けた、 ほんの少しのスキに・・・ なっちゃんがちゃっかり入ってました。 気に入ったみたいでしたので、 しばらく放っておきましたよ。 暖かかったのかも。

100円で買った100年の難問についての本(古本屋の話)

イメージ
定期的に古本屋をのぞきます。いつも同じ店に行くと売っているものに傾向があったりするので、いくつかの店をその時々で違えて行きます。有名な古本屋街に行くとかではなく、その辺に多数ある、チェーンの古本屋をのぞきます。 年に何回かは売る本も持って行きます。それで、買取ってもらったそのお金で、また本を少し買ってしまいます。いつもだいたい上限は千円。 さて、本日の写真の本は、そんな風に1月の終わりに古本屋さんで買ったものです。100円棚で見つけました。何年か前のNHKスペシャルでやった番組の書籍版らしく、著者はそのディレクターさん。数学に関するノンフィクションとでも言うのかな、こういうのは。 あるひとりの天才とそのまわりにいる人々についての本なので、その数学の中身が自分に分かるわけない~というのは、私の場合は大前提ですけども、読み物としては夢中になってあっという間に読めちゃう面白さでした。 ドーナツが数学に関係がある(?)というのが面白いです。(そういえばドーナツって、白熱教室にも出てきていたな~。)

公開講座受講記(3)コミュニケーションを学問する楽しみ~人は何をやりとりしている?~

イメージ
2月13日(土)の午後、とぉ~っても面白い言語学(日本語)の公開講座を受講してまいりました。この手の話題にご興味あります方は、「続きを読む」からどうぞご覧下さい。

真冬の入浴剤

イメージ
我が家は入浴剤好きです。今年の冬は、ちょっと前までは温泉の素タイプの入浴剤を使っていました。本当に各地の温泉の成分かどうかは知らないけど、毎日、「今日はどこどこ温泉」などと言いながら、妙な色のついたお風呂に入るのは、馬鹿馬鹿しくも楽しいわけです。 で、その温泉の素の箱も底をつく頃に、次は何にしようかと考えるのもまた楽しい。 何気ない会話のはしっこで、「次はさぁ、唐辛子系がいいな~」と申しておりましたら、週末の買い出し日まで待たず、ある日会社帰りにドラッグストアに寄ってきたと、もーりーさんがバスロマンのプレミアム温浴を買ってきてくれました。早っ!ありがとう~! こういうのって、本当の本当に効果があるのかどうかは「ほんまかいな?」と思っても、汗をかくような「気がする!」、温まっているような「気がする!」のは、気のせいでもいいんです(笑)。夕方お風呂に入っても、眠る時間までカラダはポッカポカ♪

難儀(?)な話を軽く読む、『単位物語』 清水義範

イメージ
清水義範さんの『いやでもたのしめる算数』に引き続き、『単位物語』というものを読み終えました。 これは、もーりーさん所有の本を拝借して読んだものです。タラタラ読もうと思ったのだけど、面白くて毎晩読んでいたら、いつの間にやら読み終わっていました。重さ、温度、圧力、エネルギー、お金、距離(長さ)、エトセトラエトセトラ。 物語とタイトルに付いているくらいですから、ところどころに短いお話が挟みこまれております。その境目がないので唐突に始まるストーリーに時々ビックリしましたが、これがなかなかサラリとしていて面白かったです。 90年代の初めに書かれたものなので、今読むとちょっと古いというか、「へぇ~、そうだったんだっけ?」と思うところもあるのですが。例えば、お金なんてまだユーロになってないとか、お天気予報の気圧の言い方がヘクトパスカルじゃなくてミリバールだとか・・・。へぇ~、そうだったっけ?覚えてない・・・というものも多いですけども、お金はともかく、なんで気圧の単位が変わったのか~なんて話しも後ろの方には出てくるので、それもまた「へぇ~、そうなのか~」と。 それから、気温の摂氏とか華氏とかの話で、アメリカは華氏だったな~とアレコレのややこしい体験(真夏にエアコンが故障したり、ね)も交えて記憶しているのだけど、あれ?イギリスも華氏だったんだっけ??と、こちらはなんだか腑に落ちない。というのも、毎日聞いていたクラシックFMでは、たしか気温を言うのに、ホニャララフニャララ「セルシウス」と言っていたから。 でも、まぁ、イギリスでの生活の場で温度の話を誰かとしたわけではないので、ラジオ以外のところでの表現は知らないままなんですけどねぇ。生活の中では華氏だったのかもしれません?はて ? それはともかくとして、単位の話がこんなに楽しめるものとは思いませんでした。気軽に読めて、とても面白かったです。 (後日追記:一度コメントで、華氏なのはアメリカだけではないですか~とのご意見をいただきました。こちらのエントリは再投稿のものなのですでにコメントは消えちゃってるのですが、情報をいただきまして感謝しております!ありがとうございました。)

わが家の庭から(95)ちょっぴり春のきざし

イメージ
スノードロップ 冬の前半は暖冬などと言って暖かかったからか、夏からのニチニチソウがいつまでも咲いていたり、秋のダリアやケイトウも年越しくらいまでは咲いていたので、それはそれで嬉しいことではあったのだけれど、どうも冬の花を植えるタイミングをすっかり逃してしまいました。(ダリアの球根も結局、掘り上げなかったなぁ・・・。) だから、この冬はパンジーもビオラも植えておらず、花壇は今、ちょいと寂しい姿をしております。 クロッカス(右) そんな今年の庭でも、ボチボチ植えっぱなしの球根が咲き始めました。1番初めはスノードロップ。その次はクロッカス。 スイセンやチューリップ、ハナニラ、ブルーベルも、すこ~しだけ土の中から芽を出している様子が見えました。 後ろ向きに咲くボケ ボケもつぼみをたくさんつけています。今まで一番多そうなので楽しみ。すでに2輪咲いているのですが、なぜか壁の方を向いています。 シクラメン シクラメンも現在は白いものが元気に咲いています。その後ろのクリスマスローズも、根元の方につぼみが隠れていましたよ。 ご近所さんのウメの木にはメジロが2羽も来ていました。花の蜜を吸いに来ているのでしょうかね?きっとこういうのが受粉のお手伝いになるのだろうな~、などと思いつつ、買い物の帰り道、しばし足を止めて観察してしまいました。かわいい。 メジロの写真もいつか撮ってみたいです。

お土産ファイル:からし椎茸

イメージ
え~と、本日の写真は、昨年の12月の蔵出しでございます。 京都嵐山と書いてありますが、京都に行ったわけではなくて、新宿メトロ食堂街の良彌さんという京料理のお店で買ったものなのでございます。『手作り からし椎茸』、もうとっくに、すっかり食べ終わってしまいました。 良彌さんは、ひとりでも入りやすくて、お食事の出てくるのも早いので、パーッと食べてパーッと次の電車に乗ることが出来る便利なお店。お昼に手軽に和食を食べたいわという時に利用します。おばんざいセットとか西京焼のセットなどが好きですが、丼などのガッツリ系もあるようです。 で、そんな風にお昼ごはんをいただいていたある日、お弁当の片隅に添えられていたあるものが、すご~く気になったのでございます。美味しいのだけど、いったい何かが分からない。う~ん?奈良漬??お酒が効いているようにも感じるし、ちょっと違うような気もするし。それに食感も奈良漬にしては柔らかいかな~?う~ん? お昼時で店員さんもお忙しそうでしたから、しばらくは尋ねるのをためらったのですが、手が空いていそうな一瞬を見て、「スミマセ~ン!ちょっとお尋ねしたいのですが・・・」と声をかけました。 すると、「あ!それは、からし椎茸です!他のお客様からもよく聞かれるんですよ~(ニコニコ~)。」と即答。どうやら人気のお惣菜のようです。レジ脇にもお土産用があると教えてくださいました。お酒かと思ったのはカラシだったのですね~。納得。そういえば、お味噌みたいな甘さの中に、ピリッとした辛味もあります。佃煮とはだいぶ違う味わいで、こういうのも美味しい ♪ それで、これはきっとごはんの友にぴったりだから、もーりーさんにも食べさせねばなるまいと、さっそくひと包みお土産用を買ってきたのでありました。たっぷり200gくらい入って、1箱千円だったかな、たしか。 予想通り好評で、しばらくの間チョイ盛りメンバーとしての定位置を確保した『からし椎茸』でございました。 また買いに行きたいです。

今週のなっちゃん(80)新しいことを覚えたようです

イメージ
夕方のこと。 なっちゃんの姿が見えないな~と思いつつ 寝室の雨戸を閉めに行くと、 ブランケットの下に 何やら丸まっているもの発見! アラッ!珍しい!! 今まで何かの下にもぐるってこと すご~く嫌がっていたのに、 やっとそうした方が暖かいって 気がついたのね♪ なつこさん。 チラッとめくりたい衝動は 抑えることができません(笑)。 失礼~

EMSを出しに行く

イメージ
もーりーさんに頼まれて、郵便局に行きEMSを出してきました。EMSというのは、国際スピード郵便のひとつ。ビジネス利用ではなく個人利用なので、まぁ、簡単なのですけれど、それでもインボイスが必要で、送り状とインボイスと二枚書きました。外国の長くてややこしい住所を何度も手書きするのはなかなか大変~。 ところで、郵便局も最近は店頭でいろいろ物を売っていて、「誘惑の多い場所」になってきました。今日はハイカラさんの切手シートとか、ピーター・ラビットの通帳ケースとかを、「欲しい~」と思ってしまいました(笑)。がまん、がまん。 ハイカラさんの切手シートは2000円という値がついているから、実用というよりコレクション用みたいですけども、でも、ピーター・ラビットの通帳ケースは500円くらいなので、もしかしたら次回買ってしまうかも?!今年はポターの生誕150年だそうです。 《後日追記》 無事に届いたと連絡がありました。ちょうど1週間くらいだったのかな。よかった、よかった。    

ミックスベジタブル

イメージ
お酒を飲む年齢になるまでは、食べることにまったく興味がありませんでした。むしろ好き嫌いが多く、食べずに生きていかれるならその方が嬉しいと思っていたくらい(笑)。 それが、親元を離れてすぐ、あ~、これは食べないとひょとしたら死ぬんだな…ってなことを薄々感じ始め、とにかく野菜だ!という発想になりまして、食べ始めたのがミックスベジタブル。お料理なんかしたことなかった人が、それでもとにかく野菜を食べねばと。しかもサラダなんかじゃなく、色の濃い野菜だ!と。 いまだにその名残(?)なのか、朝食のつけあわせに時々食べます。ポイントはニンジンに甘みが出るまでじっくり火を通すこと。 今日の写真の場合は、コンソメスープでミックスベジタブルとソーセージを煮て、中身とスープを別々に盛りつけて食べたというパターンです。実は、ついさっき食べたのです(笑)。前日からの栄養不足を引きずっている気がしたので、ミックスベジタブルの出番♪ 昨日、行きなれないルートでの外出をしたら、食事のタイミングを逃してしまいまして…。しかもやっと見つけたコンビニも昼過ぎには棚が空っぽ!なんとかおむすび1個をゲットできましたが。 乗り換えのタイミングで、きっとどこかで食べられるだろうとタカをくくっていたので、朝も紅茶だけ~。寒さも増しますわね(^。^;) ははは、失敗~ もちろん夕飯はし~っかり食べましたよ…ど~っさりレタスと生姜焼き!でも、やっぱり、濃い色の野菜も食べないとダメみたい~。無駄に疲れを引きずってしまいます。 というわけで、今朝はミックスベジタブル(笑)。 サプリメント的、私にとっての、買っといて良かった野菜補給手段です。元気出てきましたよ~(^o^)

公開講座受講記(2)性格の話:自分と他者理解のための座標軸

イメージ
2月6日(土)の午後、心理学系の公開講座を受講してきました。ご興味あります方は、「続きを読む」からご覧下さい。

何年前のものでもOK :outdoorのメッセンジャーバッグ

イメージ
今年、久しぶりによく使っているバッグはOUTDOORのフリース素材のショルダーバッグ。メッセンジャーっぽい形のもので、かなり物がたっぷり入ります。 実はこれ、福岡にいた頃に買ったモノなので、そうね、2008年のお買い物でしょうか(笑)。当時は使う目的があったのですが、それ以降あまり使っていませんでした。 ですが、なぜか今年はこのバッグを使いたいな~という気分になり(使いたい目的もあり)、数年ぶりに愛用しております。素材が素材なので寒い時期でないと使いにくい。今のうちに楽しもうと思います。

『いやでも楽しめる算数』清水義範&西原理恵子

イメージ
本日の話題は、もーりーさんの本棚から。 昨年の秋からなぜか急に算数・数学読み物をちょこちょこ読み始めた私に、ある日もーりーさんが言いました。 「算数だったらね、これも読んでみたら?」 本棚から引っ張り出してきて差し出してくれたのは、もう何年も前にもーりーさんがはまって読んでいた、清水義範さんと西原理恵子さんの共著シリーズのうちの一冊。その名も『いやでも楽しめる算数』。こちら、小説現代に連載していた時は『お嫌いでしょうが算数』というタイトルだったんだそうな(笑)。なんで文庫にする時に変えたんだろう? ま、それはともかく、さっそく読んでみましたら、とても面白かったです。書いてあることを自分でもう一度言ってみろと言われると言えませんけれども、読むのはとても楽しめました。 で、私に『いやでも楽しめる算数』を貸してくれた日から、もーりーさんまであれこれ清水さんの本を本棚から引っ張り出してきて、何年か振りにもう一度読み始めておりました。彼は毎晩コツコツと眠る前に読むので、けっこうあっという間に何冊も読み進むようです。 現在持っている清水&サイバラ本はこれだけだそうですが、「理科や社会のもあったんだけどなぁ」と。うん、なんかそれ、私にも記憶にある。(読んでないけど!) それから、先日ブックオフに一緒に行った時には、『「サバを読む」の「サバ」の正体』という本を、もーりーさんは買っておりました。これは、NHKのお昼の番組のいちコーナーが本になったものですよね。サバの話、覚えてます!懐かしい!いつの間にか番組は終わってしまったのですね。 読書ってすごく個人的な趣味というイメージもありますが、たまには他の人のオススメ本をチラッとのぞいてみたりすると、世界がぐ~っと広がって、新しい発見があり面白いですね。 そして私はただいま、『単位物語』をノロノロと読んでいます。      

ウォーキング日記(23) スタバで読書、のち、うどん屋へGO

イメージ
  1月末のある日の午後。そろそろ図書館で借りている本を返さねばならない時期になっており、しかし借りているうちの1冊が、あとほんの数ページ読み終えていない・・・という状態。   ふと、ウォーキングがてら本をスタバに持ち込んで、そこで集中して一気に全部読んでしまおうと思いつきました。     読み終えなきゃ・・・だったのは、白幡洋三郎さんの『プラントハンター』という本。   じつはこれ、年末に一度返却してから、もう一度お借りしました。しかも、2回とも貸し出し期間の延長もさせていただいたので、賞味1ヶ月も読み終えるのにかかってしまいました!   さて、コーヒーだけ飲みながら本を読んでいたら、お腹が空いてきました。毎度サンドイッチというのもなんですし正直お値段も高くついちゃうので、本を読み終えた後は近くのおうどん屋さん(丸亀製麺)へ移動。 めっちゃ寒~~~い日でしたから、うどんを食べるにはピッタリ!時間も昼をとうに過ぎておりましたので、いつも混み混みのうどん屋さんも空いていました。かけの並で290円也~。天かすを入れてタヌキに。美味しい♪   帰りはいつもの遊歩道をのんびりウォーキング。梅が咲いていましたよ~♪  

アオサギさんの訪問

イメージ
  ある日の夕方、洗濯物をとりこんで雨戸を閉めようとベランダへ行くと、頭上になにやら気配を感じました。   見上げると、家のすぐ脇の電信柱の上にアオサギさんがいるではありませんか(驚)。 めっちゃ近い距離! 頭の部分の冠羽(と言うらしい)が黒というよりグレーなので、まだ若いアオサギなのかもしれませんね。雌雄の見分けはどうなっているのかなと思いましたら、ウィキぺディアによると、雌は雄より小型で、冠羽と飾羽が短いのだそうな。なるほど、そうすると、これは雌かな? そういえば、もーりーさんも何日か前にアオサギが来ているといっていましたが、その時に見たのと同じ鳥かもしれません。 あ~、連写にしておくのを忘れた~。でも、飛び立ちの瞬間はこういう動きをしているのかと分かって面白いです。まずは脚でけってジャンプするのですね~(たぶん)。 アオサギさん、どうぞまたお越しになってね。  

スーバーマーケットの切り花を楽しむ

イメージ
冬の寒さに負けて庭いじりをサボっております。スノードロップも咲いているけど、今年は写真も撮っておりません。 と、言いながら、花を愛でたい気持ちは変わらずあるのでありまして。月に何度かは買い出しのついでにスーバーマーケットの切り花を買ってきます。すでに活けてある中に継ぎ足ししながら活けるので、一回に買う量は少量です。咲き終わった花と交換するような感じ。 黄色いスイートビーは、ものすご~くいい香りがしました! 今の時期は、私のよく行くスーバーマーケットの切り花だと、キクのラインナップが一番多くて値段もお安い(そして持ちも良い)のだけれども、いつもキクばかりだと飽きてくるので、たま~にバラなども買ってみます。 一本に花が6つも咲いているバラでした!お値段はこれにカラーリーフがついて380円くらい。水上げが上手くいって、長持ちしてくれると嬉しいです。

What's New? 更新履歴

もっと見る

ラベル

もっと見る