豚ヒレ肉のトマト煮こみ


煮こみ料理を食べたいが、そんなに時間はかけてられない~なんて時には、ちょいとお高くなるけれど、ヒレ肉を使うと早く仕上がります。もともとが柔らかい部位なので、スネ肉などに比べると煮こみに必要な時間は雲泥の差。

今回は、たまたま豚ヒレ肉が半額セールだった時に、1本250円で買って冷凍しておいたものを使いました。(どのくらいの量を買ったのか・・・う~ん、200g以下でしょうねぇ、たぶん。)


作ったのは豚ヒレ肉のトマト煮こみです。夜9時過ぎに調理し始め、まぁ、10時前には食べ初めていたんではないでしょうか。20~30分しか煮込んでおりません。それでもお肉は硬くならずに美味しかったですよ~。

写真は翌日の朝ごはんの様子です。わさび菜のサラダと、新宿の墨絵さんの粒小麦のバゲットを合わせてみました。なかなかヘルシーっぽさを演出した組み合わせになりましたな ♪ (自己満足)

ちなみに、煮こみを盛り付けてあるのは有田焼のそば猪口です。


こちらは、クスクス・バージョン。実は作った晩もクスクスとあわせて食べたのですが、翌日のお昼も。延々と同じものを食べているという・・・(笑)。
 
レシピが必要な方は「続きを読む」からどうぞ。分量は2人分目安で「適当」です~。あしからず。
 

【豚ヒレ肉のトマト煮こみ】

 

材料(二人分くらい)

 
  • 豚ヒレ肉 1本
  • ニンニク 1片
  • タマネギ 半玉くらい
  • にんじん 好きなだけ
  • ベーコン 1枚(あぶら身の多いところ)
  • ミックスビーンズ(缶詰) 1缶
  • トマト水煮(缶詰) 1缶
  • 白ワイン 少々
  • コンソメの素 適量
  • ハーブ 好みで (ローリエ、マージョラム、セージ、赤唐辛子を今回は使ってます)
  • 塩、胡椒 適量
  • 水 150ccくらい
  • オリーブオイル 大さじ1くらい
 

作り方

 
  1. ニンニクは皮をむき、芽をとってから、包丁で叩いてつぶす
  2. タマネギはみじん切り、にんじんはサイコロ状に切る
  3. 1と2をオリーブオイルで炒める
  4. 豚ヒレ肉は食べやすい大きさに切り、野菜と一緒に炒める
  5. ベーコンは適当な大きさに手でちぎって、これも一緒に炒める
  6. 白ワインやハーブ類を加える
  7. 豆とトマトを加える
  8. トマト缶の半分くらいの量の水を加え、コンソメの素も入れる
  9. 一度沸騰させてから、鍋のふたをして弱火で20~30分煮込む
  10. 塩、胡椒で味を調えて出来上がり

 

水はトマト缶を加えた後の状態により加減してください。ベーコンとコンソメは短時間でコクを出すために使っています。長時間じっくりと煮込むなら両方とも使わずに、塩こしょうだけでも美味しくできます。
 
 
 
 

コメント

人気の投稿