国立歴史民俗博物館へ行ってきました



*スライドショーは音楽つきなので、音にご注意を・・・

3月5日(土)に、もーりーさんに二人で、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館(通称:歴博)へ行ってきました。本日は、その日に博物館で撮った写真をスライドショーにしてアップいたしましたので、どうぞご覧下さいませ。(写真を撮ったのはもーりーさんです。)

歴博へは子供の頃に1度だけ行ったことがあったのですが、80年代前半に一般公開されたようなので、今から思うと出来立てのころにお邪魔したのかもしれません。その時以来の見学ですから、30年ぶりくらいでしょうか。大人になった今でもたいへん楽しめました。

とくに、第5展示室の【都市の大衆の時代】という展示コーナーでは、大正~昭和の街並みが再現されていたのですが、なぜかそれを見てデ・ジャブ?!もーりーさんが、「これ、写真に撮りたいから待ってて」と言った風景を見て、「あれ?なんかこの街並み知ってるぞ???」と私。(そ・・・そんなはずはないんだけどなぁ?)

家に帰ってから桑原甲子雄さんの写真集を開いてみましたら、そこに本物の、同じ場所のモノクロ写真がありました。面白~い!このコーナーを作った学芸員さんも、もしかして桑原さんの写真をご覧になっているのかも?などと思ったり。(スライドショーの最後のカットがそれです。)

また、ちょうどひなまつりの時期ということで、4月3日までは【和宮ゆかりの雛かざり】という特集展示も第3展示場でやっており、そちらも大変見ごたえのあるものでした。雛人形は思ったよりも小振りに見えましたが(展示会場が広いから?)、お道具類が圧巻です。和宮さまというと大河ドラマの『篤姫』を思い出してしまうのですが、雛人形のお道具だけを見てもたいへんな量で、本当の嫁入道具もさぞ豪華だったことだろうと思いました。

歴博は佐倉城址公園の中にあり、四季折々の植物も楽しめるようです。今回は到着したのがお昼過ぎでしたので、残念ながら博物館の展示を見るだけでタイムオーバーになってしまいまいましたが、公園もとても広い敷地で気持ちが良さそうなので、次回はぜひもう少し早めに到着するようにして、公園散策やくらしの植物苑も楽しみたいと思います。


国立歴史民俗博物館のホームページはこちらです→
https://www.rekihaku.ac.jp/index.html

館内のレストランで食べたお昼ごはんの話題はこちら→


【後日追記】

出かけた当時は放送大学入学前だったので書かなかったのですが、ここに行った本当の目的は『ヨーロッパの歴史II 植物からみるヨーロッパの歴史』で取り上げられていた、変化朝顔の資料です。国立歴史博物館では過去に何度も変化朝顔に関する企画展を行っており、展覧会図録が4冊も発行されているのです。それを買いに行きました。

毎年7月には実際の変化朝顔を栽培したものも見られるようです。



コメント

人気の投稿