まだ生まれてない時のコンサート


♪ You make me feel like a natural woman

疲れた時に聞く音楽があります。例えばキャロル・キングの1971年のカーネギーホール・コンサート。伸びやかな声で歌う彼女の弾き語りに合わせて、大好きなアイロンがけをしながら一緒に歌うと、いつの間にか疲れも吹き飛びます。アイロンをかけている間は無心になるのと、それからたぶん、歌うことで声を出すのが良いのでしょうか。歌うといってもたいていの部分はテキトウな鼻歌で、分かるところだけ熱唱(?)します(笑)。

キャロル・キングは歌って気持ちのよい曲ばかりなのですが、そんな中、ちょっとそこからは外れるかもですが、Snow Queen という曲はひと味違う雰囲気で、聞くたびかっこよさにゾクゾクします。ソロになる前の曲だから雰囲気が違うのかも。

関係ないけど、何年も前に読んだ『前世を記憶する子どもたち』などの本を思い出すと、ときどきずいぶん速攻で生まれ変わってきたもんだな~ってなパターンがあるけども、「私も生まれる一年半くらい前に実はこのカーネギーホールのコンサートに行っていたのよね~」 …… だなんて考えてみると、ものすごく楽しい。ハハハ! 

キャロル・キングも、I'm gonna be right back と途中のMCで言っております。


コメント

人気の投稿