東京デート@小石川植物園(春)①お花見編


4月9日(土)の午後もーりーさんと二人で、カメラを持って小石川植物園に出かけてきました。

こちらの植物園にお邪魔するのは2010年の秋以来。その時は都営三田線の白山駅から行ったのですが、今回は昨日のエントリに書きましたように、丸の内線の茗荷谷駅からのルートで行きました。植物園に行く前には、隣接する建築ミュージアムにも立ち寄りました。

桜の開花状況も、植物園のサイト(http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/)で前日にチェックしてから行きましたよ~。写真が多くなりますので「続きを読む」でたたんでおきます。ご興味ある方はそちらからご覧下さい。



園内の桜はソメイヨシノだけではなく、いろいろな種類のものが楽しめます。こちらの桜には「サトザクラ 太白」という札がついておりました。


近くのコンビニでお弁当を買って持ってきました。それをベンチで食べながらのお花見です。


晴れて暖かい日でしたので、ほかにもお花見の人がいっぱい。それでも、入園料が必要なのとアルコールはNGなのとで、節度ある賑やかさといった感じでしょうか。みんなのんびりなごやか~。


素朴な雰囲気の売店もあって、ここでちょっとしたものを食べることもできます。メニューを見ると、カレーにおでんにうどんなどなど。お菓子やお弁当も売っています。


お弁当を持参していた私達は、売店では ”東大のど飴” を買いましたよ~♪ 銀杏、ゆず、かりんの3種類が6個ずつ入っていて500円。

のど飴のお値段にしてはちょっと高い~と思うかもしれませんが、こちらを購入することで、Life in Green Project に参加できます。(収益が温室の建替え資金などにあてられるそうです。現在、温室は老朽化のためお休み中。)

ピンク色のパッケージで銀杏入りのが通常バージョンだそうで、グリーンのパッケージの夏バージョンもありました。夏バージョンには、銀杏のかわりにヤマモモ味が入っていたようです。


最後は桜ではなくカリンのお花でおしまい。カリンもバラ科だそうなので、ウメやモモと似た花の雰囲気です。

次回は桜以外の植物の写真をお届けします。




コメント

人気の投稿