東京デート@小石川植物園(春)②森の散歩編


4月9日(土)に訪れた小石川植物園の様子を本日もお届けいたします。今回は桜以外の植物を・・・と言いながら、一枚目はまたまた桜の写真を選んでしまいました。スイセンと桜が同時に見られるというのは、なかなかないような気がします。

写真が多くなりますので、続きはたたんでおきます。ご興味ある方は、「続きを読む」からご覧下さい。



中央のやぐらに何が生えてくるのかはわかりませんが、何かの根元(と思われる場所)を覆うように咲いているのはたくさんのイフェイオン(ハナニラ)です。かわいい~。こんなになったらいいな~。ほかにも桜の木の根元を覆うように何かの植物(花が咲いていなかったのでわからなかった)が植え込まれていたりと、素敵な植え込みの多い植物園です。


もーりーさんと私がとっても興味をそそられたのがこちら。これ、フジの蕾なのです。フジの花って、よく見かけるのは背の高い棚仕立てですけれども、小石川植物園のフジは、地面を這うような感じの低さに仕立てられているのです。面白い。ベス・チャトー・ガーデンで見た地を這わせてあるクレマチスを思い出しました。(関連記事はこちら → http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2011/07/blog-post_28.html

こちらのフジは一応の支えは作られているのですけれども、それがちょうど、ひとつ上のハナニラの写真のやぐらのような高さです。長い花が咲いたら、鼻先 花先がそれこそ下に届いてしまうのではないかな?!それとも長く垂れ下がって咲くのとは別の種類なのかな?


頭の中のイメージを覆すものといえばこちらもです。木肌のつるつる具合から想像すればすぐにピンとくる方もいらっしゃるとは思うのですが。でも、こんな大木になったの、街路樹などでは見たことない~。ハイ、そうです。つるつるといえばサルスベリ。

こちらはシマサルスベリというようで、屋久島や沖縄のサルスベリなんだそうです。大きいですね!よく見かけるのと同じように、夏にピンクや白の花を咲かせるのでしょうか。(→白い花を咲かせるようです。)

ちょっと調べてみましたら、新宿御苑などでも見られるそうで、でもそちらのは普通よく見るサルスベリと同じような幹の具合をしていましたから、これは相当な樹齢のものなのかもしれません。


ごろごろとジャガイモみたいに土の上に出ているのがシマサルスベリの根っこだと思われます。


こちらはイチョウです~。2010年に訪れた時には、イチョウはどれも青々とした葉をたくさんつけていたので、写真に見られるような乳根(ちちね、というそうです)には気がつきませんでした。気根なんだそうな。


根といいましても、相当高い位置に出ております。鳥さんおらんか~いと上を向いて歩いていたら、これに目がいきました(笑)。


お次はふたたび目線を地面に。なにやらバナナに似た形の、巨大な葉っぱのような?豆の殻のような?ものがたくさん落ちています。近くの木についているプレートを見上げると、サイカチというマメ科の植物だと判明。やっぱり豆なんだ~。拾い上げて写真を撮ってみました。どのくらいの大きさかわかりますように。(写真を撮ったあと、豆の殻はもとの位置に戻しました。)

豆が木になっている時の様子も見てみたいです。


等高線みたいな樹皮の層をしているのはスズカケノキ。コルクみたいな感じにも見えます。


あ、正しくはこちら、モミジバスズカケノキだそうです。
これもまた大きな木。


亀甲柄のような雰囲気なのはクロマツ。全体像は写しませんでしたが、日本庭園の池のそばには立派に見栄えよく仕立てられたクロマツがあり、それ以外の場所には自然の樹形っぽいクロマツがありました。この写真のは、日本庭園のではありません。


大きな木々のエリアを抜けると、咲きはじめのツツジと咲き終わりの桜の間から、日本庭園が見えます。園内にはけっこうな高低差があることが分かりますね。石の階段をおりて池のところまで行きましょう。


降りて下からツツジを見上げるとこんな感じ。ほかのツツジはまだまだ蕾の状態でしたが、こちらは一番乗りのツツジだったのでしょうか。季節ごとに途切れなくいろんな花が咲くようになっているのでしょうね。


もうひとつ別のエリアで、とても高い位置に咲くツツジを見ました。これはオンツツジという品種だそうですが、日本庭園の石段のツツジも同じ種類でしょうか。色や花の大きさは似ています。ツツジがこんなに背高のっぽになるなんてビックリ。こういうのもあるのですね~。


こんなところを降りてきました。
桜とツツジの真下に石段があります。


池には鯉と亀さんがおります。
そして空にはシラサギが飛んでおりました。


水辺にはセリバヒエンソウや


オオアマナ


こちらはハナズオウ


そして最後はニリンソウでおしまい。


森の中を散歩しているような気分になる
とっても素敵な植物園です。



コメント

人気の投稿